最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『メアリと魔女の花』国内の観客動員250万人突破、釜山国際映画祭にも出品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出のマーニー』(2014年)などを手がけてきた米林宏昌監督の長編アニメ映画『メアリと魔女の花』(公開中)が国内の興行で観客動員250万人を突破、10月12日から21日の期間に韓国で開催される第22回釜山国際映画祭(BIFF)に出品されることも決定した。

本作は、釜山国際映画祭にワイド・アングル部門のアニメーション・ショーケースにて招待を受けた。映画祭への参加は国内、海外においても初で、米林監督、西村義明プロデューサー、主人公・メアリを演じた女優・杉咲花が参加を予定。10月12日にはレッドカーペットとオープニングセレモニー、翌日13日には本編上映を実施する。なお韓国では12月に一般の劇場でも公開されるという。

劇中で描かれるのは、メアリが森で7年に1度しか咲かない不思議な花"夜間飛行"を見つけたことで始まる大事件の物語。杉咲のほか、神木隆之介天海祐希小日向文世満島ひかり佐藤二朗遠藤憲一渡辺えり大竹しのぶといった俳優陣が出演している。

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

外部リンク(マイナビニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス