最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

仲川遥香“日本インドネシア国交樹立60周年親善大使”に おばあちゃんの着物を着て発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ではAKB48、インドネシアではJKT48で活躍した仲川遥香が9月11日に『Haruka Nakagawa 仲川遥香(Haruka_NKGW10)ツイッター』で「2018年、日本インドネシア国交樹立60周年親善大使に任命されました」とツイートした。インドネシアで着物を着ており、その姿で発表したようだ。「本当に嬉しいです」と号泣とハートの絵文字を付けて感激を表している。

『Haruka Nakagawa 仲川遥香 haruuuu_chan Instagram』では「インドネシアで着物きたよ」と帯が見えるように後ろ姿を公開して「#おばぁちゃんから #40年前の物 #大切に使います」という。彼女はAKB48時代に20歳の生誕祭公演でおばあちゃんと2人で旅行したことを明かしており、それほど仲が良いのだ。AKB48に入った頃はパフォーマンスが上手く出来ない時など、父や母ではなくおばあちゃんに八つ当たりしたそうだ。「おばあちゃんがいなかったら今、私はここに立っていないと思う。私にとっておばあちゃんはいなくてはならない存在」とも話していた。

また、2016年12月に発売した自叙伝『ガパパ!』にもおばあちゃんとのエピソードが度々登場する。JKT48に移籍してジャカルタに行く決断をした時も、おばあちゃんが「遥香がやりたいことをやりなさい」と言ってくれたという。そんなおばあちゃんから譲り受けた着物を着て“日本インドネシア国交樹立60周年親善大使”発表に臨んだ彼女の喜びは計り知れない。

仲川遥香は2016年12月30日にJKT48を卒業、31日にプロダクション尾木との契約を終了してインドネシアを中心に芸能活動を続けている。現地ではかなりの人気者で、今年の3月31日に日本のバラエティ番組『有吉弘行のダレトク!?』(関西テレビ・フジテレビ系)でアンガールズ田中がインドネシア・バリ島ロケを行った際に彼女と共演した。これまでにCM29本、レギュラー番組9本の売れっ子だと紹介があり、アンガ田中が「(インドネシアでは)大島優子級?」と驚いたところ「あっ、もっと上だと思います」と返していた。

その言葉はあながち冗談ではなく今年の8月からYouTubeのPocariID専用チャンネルにてシリーズで始まったWEBドラマ『ONIGIRI THE SERIES』では、インドネシア版の『ポカリスエット』CMでブレイクした佐生雪(さそう ゆき)とともにメインキャストを務めている。今回、仲川が親善大使となったことで日本でもさらに注目されそうだ。

画像は『Haruka Nakagawa 仲川遥香 2017年9月11日付Instagram「インドネシアで着物きたよ」、2017年9月11日付Twitter「今日発表させていただきました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス