最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

近藤正臣、武井咲は「“いい女”に違いない」祖父役で初共演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディーン・フジオカと武井咲がW主演を務める10月クールの連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の追加キャストが発表され、近藤正臣、鈴木伸之(劇団EXILE)らが出演することがわかった。

原作は藤石波矢による同名小説シリーズ。「脅迫という“悪”で人を救う」というダークヒーロー・千川完二(ディーン)と、変人級の「善人&お人よし」で少しの悪でも見過ごせない上に、「困っている人がいるなら、誰であっても放っておけません!」と、赤の他人のピンチにいつも首をつっこむヒロイン・金坂澪(武井)という二人と、その仲間を中心に物語が展開。最後にはなぜか人が救われていく、クライム・ミステリーがポップに描かれる。

日本テレビの連続ドラマへの出演は23年ぶりとなる近藤が演じるのは、“超お嬢様”である澪の祖父・轟雄之助。企画書を読んで「これは面白いな」と思い、出演を決めたという近藤。ディーンとは『あさが来た』(NHK)以来の共演となる。また、初共演となる武井の印象については「見ていて、とても気持ちのいい女優さんですね。きっと“いい女”に違いないと思っています。」とコメント。そして、「世紀を超えて日本テレビに帰ってくるという事で“初出演”のような気持ちでいます。キャスト・スタッフと期待を裏切らない作品を作り上げますので、楽しみにしていてください」と語った。

一方、鈴木が演じるのは、澪のアパートの隣に引っ越してくる“好青年”京田カオル。京田は原作にはいないドラマのオリジナルキャラクターで、鈴木は「もともと原作がある作品の中で、オリジナルキャラクターとして出演させていただけるのはとても嬉しかったです。原作には無い新たな要素を取り入れていけるように、一生懸命取り組みたいと思っています」と意気込む。また、「視聴者の方に“ほんわかしたような空気感”をお届けする役割を担っていけたら」と語り、「新しい自分をお見せできるように、そして作品が沢山の方に見ていただけるように頑張りますので、ハラハラドキドキして、毎週楽しみにしていただけたら嬉しいです」とアピールした。

二人のほか、豪華共演陣も決定。“脅迫屋”の仲間たちが通う行きつけのBAR「青龍」の従業員、ロビン役を蛭子能収。澪と同じ大学に通う親友のカンちゃん役を山賀琴子。同じく親友のぱるこ役を佐藤玲。BAR「青龍」のもう一人の従業員、レイチェル役を内藤理沙が演じる事も明らかになった。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス