最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

最高速テストドライバー・Dai稲田が誕生した日。トップタイムはウエスト・コルベット285.71km/h【OPTION1983年2月号より・その2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまや「世界を代表する最高速ドライバー!?」として人気の、最高速テストドライバー・稲田大二郎(Daiちゃん)の誕生秘話を紹介したその1。依頼したレーサー北野元選手が、あまりにも危険過ぎる…と、その場を立ち去ったことから、やむをえずドライバーを務めることになったDaiちゃん。

そして、この日の最高速テストでトップタイムを記録したのは、アメ車軍団代表ともいえる、ウエスト・コルベットでした。今回の【その2】では、ウエスト・コルベットの紹介と、Daiちゃんの著書「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」から、この日のテストを振り返ったDaiちゃんの気持ちをプレイバックしてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1982年11月25日 谷田部自動車研究所・高速周回路

1位 ウエスト・コルベット454
285.71km/h

強力なV8トルクが風を切り裂いた! 純アメ車ナンバー1の記録達成!

このコルベットは、初トライで265km/hをマークしている。その時から454パワーの凄さは分かっていたけど、サスペンション設定が悪く、バンクで踏めず、直線だけでスピードアップした。今回はサスペンションを大幅に改良しているというので、期待できた。500ps以上は楽にあると思われるパワーで、グングン加速していく迫力は圧巻。1周めは軽く流して各部をチェックしたけど、異常なし。2周めにバンクを5速5500rpmで抜け、直線でN2Oのスイッチを入れた。が、エンジンがストールしそうになり、スピードがのびない。そこで、3周めはN2Oを入れなかった。エンジン回転が上がり、加速。直線の横風でもあまり振られないので、6500rpmまで回った。ヨーイングなしでここまで踏めたのは、おそらくボディが重いことが安定性を増し、軽い国産マシンより有利に作用したのではないだろうか。もし風がなければ、もう200rpmくらいスピードアップしたはずだ。これにN2Oがジャストフィットすれば、恐ろしいスピードがマーク出来ると思う(Dai)。

ウエストレーシング・金澤重宝

このエンジンは、6700rpmまで回るはずです。しかし、この悪条件の中での記録には満足しています。これでアメ車も見直してくれるでしょう。

シボレー454 LS6改仕様

[エンジン]排気量:7440cc(454CID)/ボア・ストローク:107.95×101.60/ピストン:BRCアルミ鍛造/コンロッド:キャレロ鍛造/クランク:ハンク・ザ・クランク鍛造/ブロック:LS6・4ボルト/ヘッド:バーレイ・Dポート/カムシャフト:クレーン・メカニカル/リフター:メカニカル/キャブレター:ホーリー850改
[サスペンション]Fコイル:ディックガルツストランド/Fショック:コニ・ダブルアジャスト/Rコイル:ディックガルツストランド/Rショック:コニ・ダブルアジャスト/ブレーキ:GM純正ガルツランド製パッド
[タイヤ]F:P7 255/60VR15/R:P7 275/55VR15
[ギヤ比]トップ:1.000/ファイナル:2.730

Daiはレーサーを殺すのか!?

なんとか安全に最高速テストをやりたい、というオレの考え方がレース業界から後ろ指をさされるようになった。それも当然かもしれない。国さん(高橋国光さん)の腕をしてみても「もうチューニングカーの最高速はやめたほうがいい。危険すぎるよ」という。周りからも「偉大なレーサーを危険に陥れるようなことはやめろ」と言われるようになった。しかし、オレはまだ踏ん切りがつかなかった。

これは津々見友彦さんや北野元さんにお願いした時に頂点に達した。

その日の谷田部は強風に襲われた。オレとしては踏める速度までは記録だ、と思っていたが、北野さんはやはり「カミソリの切れ味」と異名をとったほどのレーサーだ。その強風の中でアクセルを踏み続け、「こんな危ないことはできない」とマシンから降りた。「このままだと誰かが死んじゃうよ」。

国さんや北野さんの言い分は正しい。偉大なレーサーなのに、なにもこんなことをする必要なないのだ。ただ、オレが昔からレース業界に携わっていた関係から引き受けてくれたわけだが、すべてオレが悪かったと思う。

その日から、最高速テストはオレがやるようになった。

国さん、北野さん、望月さん、津々見さん、他今まで最高速テストをして頂いた皆さん、本当にすみませんでした。お詫びします。

この問題では自分なりに当時、心を痛めて、悪夢を見る日々だったのです。(稲田大二郎著書:「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ)より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日の谷田部最高速テストで初ドライバーを務めたDaiちゃんの乗ったウエスト・コルベットが1番手のタイムを記録! 試乗車たちからのエールだったのでしょうか(笑)。では次回【その3】以降では、国産車1位のRE雨宮RX-7・13BツインターボやRSヤマモトZ他を紹介いたしますのでお楽しみに!

[OPTION 1983年2月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

【関連記事】

最高速テストドライバー「稲田大二郎」が誕生した日【OPTION1983年2月号・その1】


外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス