最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ハプニングバーで味わった「想定外の連続ハプニング」を体験者が告発 / 掲示板の書き込みが “改ざん” されるハプニングまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


誤解がないよう、最初にはっきりさせておきたい。これから紹介するのは、「風俗の話」ではない。ネット掲示板の書き込みが勝手に書き換えられたという由々しき事態の一部始終であり、当事者による怒りの告発である。つまるところ、むっさ真面目な話ということだ。

語ってくれたのは、「今から4~5年前にハプニングバーに行った」と言う仮名・先端 常濡(さきばし じょうろう)氏。まさにそのとき、そのハプニングバーで、同氏の掲示板への書き込みが改ざんされたという。何があったのかというと……

結論から言ってしまいたい。めちゃめちゃ楽しんでいる風に、書き込みが改ざんされたそうだ。元々は、「ありがとうございました」的なビジネスライクな内容だったにもかかわらず、「超楽しかった~みんなありがとう\(^o^)/ 女の子もすごい可愛かった(*´ω`*)」という感じに、書き換えられたのだとか。

じゃあ、一体どういう経緯でそうなったのか? それは……ちょい長くなる。ハプニングバーの店に入るまでとか、そのときの状況について説明しておかないと、イマイチ意味が分からないからだ。

となると、「時間ないよ!」という人、当然いることだろう。そんな人のために、先端氏が一番伝えたいというメッセージを手っ取り早く公開してしまおう。

先端氏:「店にもよりますが、ハプニングバーのホームページの書き込みは、店のスタッフによってモリモリに書き換えられることもありまっせ。だから、何でもかんでも鵜呑みにしてると、思わぬ損をするかもしれませんで! 気をつけて!!」

とのことである。先端氏によれば「一番大事」とのことなので、ハプニングバーに行こうと思っている人は、頭の隅に置いておいた方がいいかもしれない。

また、事件の流れを以下に矢印で書き出している。時間がない人は、それをパパっと目で追ってもらえれば十分だ。

・ハプニングバー体験の流れ
ネットで最強のハプニングが起きそうな店をチョイスする

決めた店の掲示板に「初めて行きますので、よろしくお願いします」と書き込む

指定の時間に待ち合わせの場所へ行く

そこからお店へ電話。スタッフの案内でお店の中へ

しばらくすると女性が来る

想定していなかったハプニングに引いてしまう

店を出る

店を出た後、スタッフのお願いに応えるべく「みなさん今日はありがとうございました」と掲示板に投稿

それが改ざんされる

——簡単に言うと、こんな感じだ。

・好奇心あふれるヤツはこっちだ
お待たせした。時間が有り余っている人よ! 言い方を変えれば、「自分が同じ被害に遭いたくないから詳しく聞かせてくれ」という人よ! さらに言い方を変えれば、「そういうお店に関する情報を教養として身につけておきたい」という紳士よ!

好奇心あふれる そんなあなたのために、事件の一部始終をインタビュー形式で掲載している。なお、このページを含めて全部で3ページあるから覚悟してくれ。それでは、さっそく教えてもらおう。先端さ~ん!

・そもそもハプニングバーとは?
私:「そもそもなんですが、ハプニングバーって何なのですか?」

先端氏:「ひと言でいうと、人生が凝縮された空間です」

私:「抽象的すぎて、さっぱり意味がわかりません」

先端氏:「じゃあ具体的に言いましょう。その名の通り、ハプニングが起きるバーです。基本的には、見ず知らずのお客さん同士がワイワイガヤガヤやるところです。社交性と、ハプニングに対応できる適応力が試される場所と言えるでしょう」

私:「では、ハプニングって、実際は何が起きるんですか?

先端氏:「いい質問ですね。実は、4年くらい前の僕も、それが気になって夜も眠れなかったんですよ。ハ・プ・ニ・ン・グって! 漠然としすぎやろ! と」

私:「ですよね」

先端:「だからね、同じように気になっている友達と2人で、その実態を確かめるために店へ行ってみたんですよ。具体的なエリアを言うとバレるからやめておきますが、東京とだけ言っておきましょう」

私:「それで?」

先端:「まず、どうやって店を選ぶのかっていったら、今のご時世、やっぱりネットになりますよね」

私:「まあ、そうなりますよね」

先端:「でもハプニングバーって、ネットで得られる情報が限られてるんですよ。誰が来るかわからんから、人の写真とかも載せようがないですからね」

私:「確かに」

先端:「だから、お客さんの口コミとか、店の掲示板の書き込みとかを見まくって、いくつか候補をピックアップしたんですよ。そして、そこからさらに! いいなと思った店をいくつも切り捨て、尋常ではない超ビッグハプニングが起こりそうな店を1つだけ選んだんです」

私:「厳選に厳選を重ねたわけですね」

先端:「選んだその店では、注意事項として “お店に来る人は事前に掲示板で連絡を” みたいなことが書かれていたんです。なので、『◯日の◯時ごろにお店に行きます。当方、男性で初めての利用になります。よろしくお願いします』って、書き込んだんですよ」

私:「いきなり店の掲示板に書き込んで連絡するのは、ちょっとハードル高いかもですね」

先端:「それだけで緊張しましたよ。汗でベタベタになった指で、キーボードを叩いたのを覚えています。しかも、掲示板に “当方男性2人” って書き込んだら、店とか他のお客さんから嫌がられるかも? と余計なことを考えて、友達とは別々に連絡するというね」

私:「いいですね~初めて感がにじみ出ています」

先端:「そしたら速っっ攻で、店から『お待ちしておりますので、指定の場所まで来たらお電話ください』って連絡が来ましてね。すぐにシャワーを浴びました

私:「(笑)」

先端:「ビーチフラッグの選手並のスピートでシャワーヘッドを掴んで、普段はあまりしないマウスウォッシュとかもして、穴が開いてない靴下に履き替えて、めちゃめちゃ時間に余裕をもって家を出たんですよ」

私:「心の高揚が伝わってくるようです」

先端:「ほんで、指定した場所に着いたのが、確か約束時間の40分くらい前だったかな」

私:「相手が迷惑するくらいに早いですね(笑)。ちなみに、指定の場所はどんな感じだったんですか?」

先端:「何と言ったらいいんでしょう……普通なんです。人がめちゃくちゃ多い、普通の通りなんですよ。だから、そのあたりをウロウロしてても、しばらく佇んでても、全然目立たないんですよね」

私:「店側もよく考えてますね~」

先端:「ほんで、そのあたりで時間を潰し、約束のちょうど10分前に店が指定した番号に電話したんですよ」

私:「そのときはもう、手がベッッタベッッタでしょう?」

先端:カエルの皮膚みたいになってましたね(笑)」

──その後、先端さんは指定の電話番号に連絡して、お店に突撃する。そして……続きは次のページ(http://wp.me/p25BsW-3ZXf)へ!

Report:和才雄一郎
イラスト:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む


外部リンク(ロケットニュース24)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス