最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ビジュアルが圧倒的劣勢? 『もしズレ』で高橋真麻の闇深発言が好感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11日放送『もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に出演したフリーアナウンサー・高橋真麻(35)の、ネガティブ発言と短所を冷静に受け入れた自然体な姿勢に、共感が集まっている。

(画像は高橋真麻オフィシャルブログからのスクリーンショット)

■顔で勝負していない


「独身女性のこじらせた私生活」をテーマに番組は進行。真麻の1日に密着する。

「芸能人ぶっていると思われたくない」ため、マスクやサングラスなどで変装することなく、そのままの姿で街を歩く真麻。「顔で勝負していない」からメイクにも時間はかけない。

「芸能人なのにビジュアルがイマイチ。圧倒的劣勢」だと自覚し、「エステに行って、頑張ってソレ? と思われたくない」ため、エステには行かないと語る。

密着のカメラが近いことに「アップに耐えられない」と愚痴り、休みがあると「私、今日ニーズがない日なんだ」と落ち込むなど、ネガティブ発言が連発した。

■開き直って個性を活かす


片思いの相手に突然「寿司をおごれ」と呼び出されるなど、初恋で傷ついたことがネガティブの原因と20年来の友人が暴露。

しかし真麻は、「それ聞いてもあの時の私可哀想とは思わない。だから今バラエティでイジられても大丈夫なのかも」と語る。

「開き直りと言えば開き直り。この顔に生まれたこともある意味良かった。完璧なものに対して人は興味を持たない。ちょっと不幸な部分を持っている方がいい」

これまでの経験を踏まえた上で、自身を分析した。

■視聴者は共感


個性を活かし、他のフリーアナウンサーとは一線を画した活躍を見せる真麻の言葉に、視聴者は共感している。












父の高橋英樹(73)も「誰が見てもビジュアルが良くて、仕事ができるタイプじゃない。だからこそ、一番底辺のところから物事を考えられる」と娘を評した。

その言葉通りの素顔が垣間見えた今回の放送は、視聴者に響き、好感度を高めたようだ。

■「見た目が悪い」と悩むのは約30%


しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,357名を対象に「自分の見た目」について調査したところ、30.7%が「悪い」と回答した。

©sirabee.com

真麻も自身の見た目を「悪い」と断言していたが、見た目以外の魅力に溢れた彼女にとって、それは決してマイナス要素ではない。

見た目が悪いと悩むのではなく、個性として受け入れることが重要だと、彼女は身をもって教えてくれたのだ。

・合わせて読みたい→坂上忍が高橋真麻の鼻をディスる 「一線を越えた暴言」に非難が殺到

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代男女1357名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス