最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

北海道 記録的な少雨からの大雨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今日(12日)から明日(13日)にかけて、北海道の南を低気圧が通過する影響で全道的に雨が降り、局地的に雷を伴い激しい雨となります。9月上旬の北海道は平年の13%と記録的な少雨となりましたが、明日にかけて太平洋側を中心に大雨となる恐れがあります。

●100ミリ以上の大雨に

道央や道南方面では午前を中心に、道東方面では午後を中心に雨の降り方が強まります。胆振地方のオロフレ山系や日高山脈、知床半島周辺など山沿いでは明日の明け方までの24時間に降る雨の量が120ミリの大雨となるでしょう。道央では千歳など石狩南部で特に雨の量が多くなり、支笏湖畔などでも明日の明け方までの雨量が100ミリに達する恐れがあります。低い土地への浸水や土砂災害、河川の増水に注意が必要です。札幌でも夜にかけて雨が続き40ミリ前後と、ややまとまった雨となるでしょう。日中は5メートルくらいの風が吹き、傘が差しにくく、傘を差していても濡れることがありそうです。外出の際は防水加工の効いた上着やレインブーツなどがいいでしょう。

●明日 雨が弱まっても注意

明日(13日)は低気圧が北海道の南から千島近海へと進みます。道内は次第に北よりの風に変わり、海から湿った空気の流れ込みやすい道北やオホーツク海側が雨の中心となりますが、今日に比べると雨の降る量は少なくなる見込みです。明日の朝から夜にかけて降る雨の量は、旭川や網走など道北やオホーツク海側で広く20ミリ前後、札幌では降ってもパラつく程度となります。しかし、今日の大雨によって、明日も地盤が緩んでいたり、川は増水した状態が続くでしょう。少ない雨でも引き続き危険な場所には近づかないよう注意が必要です。


外部リンク(日直予報士)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

天気情報最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス