最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ラーメン宅配サービス「宅麺」の中の人激推しの5杯を個性派グルメレビュアーが実際食べてみた結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

日本の国民的料理といえばラーメンである。醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、とんこつラーメン、あらゆるラーメンが存在するが、最近はデカ盛り系や激辛系などの奇抜なラーメン屋も人気を博している。

ラーメン屋が袋詰めするラーメン!


皆さんは「宅麺」をご存知だろうか。ラーメン屋のラーメンを通販で購入できるサイトで、ラーメン好きの間で絶大な人気を得ているサイトだ。

しかもこの「宅麺」、単なる通販サイトではない。ラーメン屋のスタッフが手作業でスープと麺を袋詰めし、それを冷凍で配送しているため、本当のラーメン屋の味が堪能できる革命的なサービスなのである。



美味しくなければ意味がない


しかし、だからといって本当に美味しいのだろうか? こだわるのはいいが、こだわったから美味しくなるのかと言われれば話は別だ。客が食べて美味しければ、それが正解なのだ! そこで今回、「宅麺」のラーメン5品を実際に食べ、本当に美味しいのかレビューしてみることにした。

ラーメンレビュアー紹介


レビュアーは4人! 各界の著名人とラーメンマニアを招集し、渋谷のラーメン屋「ちばから」の店舗をお借りして全5食のラーメンをレビューした。レビュアーのプロフィールは以下の通り。

<レディビアード>
ラーメン大好きオーストラリア出身の女装パフォーマー。プロレスラー、俳優、声優、スタントマン、ヘビーメタル&J-POPシンガー。英語、広東語、中国語、ドイツ語、日本語の5カ国語を操る国際派アイドル。


<れおさか>
ラーメン好きが高じてライター&試食マンとして活動中。ゴーストライターとしての実績はピカイチ。濃いあごひげがトレードマーク。


<プロフェッサーSD>
あの理系学部で教鞭をとる大学教員。専門はラーメン食べ歩きと、コンピュータ科学。


<ミスタークドウ>
日本に3人しかいない日清どん兵衛の「どん兵衛士」の称号を持つ人物。幼少のころから麺料理を食べ歩き、その範囲は北米、ヨーロッパ、アフリカ大陸にも及ぶ。


本当に「宅麺」は美味しいのか本気のガチレビュー


レビューは「宅麺」で販売されている商品を実際に食べ、嘘偽りのない本音をマジメに書いて評価していく。

ラーメンのセレクションは「宅麺」で人気を博している5店舗のもの。具材は最初から付属しているものだけでなく、スーパーで手に入る食材などをプラスして食べたが、付属されていない食材は評価に入れていない。



■麺屋 つくし


住所: 富山県富山市太郎丸本町3-10-1
料理: 味噌ラーメン
宅麺価格: 890円(税別)
※2017年9月6日現在の価格

「札幌を代表する銘店『すみれ』で10年修行し正統継承した店主が、地元北陸富山で独立し、連日行列を集める人気店『麺屋つくし』。すみれ同様表面を覆うラードに、香ばしく炒めた味噌スープ、玉子ちぢれ麺が相性抜群の一杯!」(宅麺コメント)




<レディビアード>
レディビアードちゃんコレ一番好きィィィィィ! チャーシュートロトロで美味しいし、麺も太くて硬めの心地良さがタマリマセンなァー! こないだサラリーマンのオジサンがラーメン食べながら「タマリマセンなァー」って言ってた。その気持ち今わかった! タマリマセンなァー!
55 スープ5 バランス5 総合20

<れおさか>
麺は『彩未』等有名店でおなじみの『森住製麺』。一口頬張る毎に北海道に来た気分にさせる。超有名店『すみれ』で10年修行という前情報無しでも唸らせる。「夢広がる」系味噌である。バランスも素晴らしいが、家に常備していつでもコレが食べれるなら何をトッピングしようと妄想が膨らむ。
麺4 具4 スープ5 バランス5 総合18

<プロフェッサーSD>
表面を覆うラードの下で麺から具からすべてがグツグツ煮立ってる純連とすみれの味噌ラーメン。すみれ派生店と知らずとも、ヴィジュアル、放射する匂い、そしてちぢれ麺の食感と熱で、純連とすみれの思い出が鮮明によみがえる。できれば、口の中でとろけるくらいに炒めた玉ねぎともやしを盛り付けて食べたい。
麺4 具4 スープ5 バランス5 総合18

<ミスタークドウ>
おいおいマジでやめろよ! 年に4回、札幌にラーメンを食べに行くのを楽しみにしていたのに、通販で「札幌よりウマいラーメン」出すんじゃねーよ! と宅麺に問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。味噌が激しく濃厚なのに最後まで飽きないウマさ。これ革命だよ!? しかも麺が心地良い食感で幸せホルモン大放出。えんだああああああああああああああああああああああいやああああああああああ!
5 具3 スープ5 バランス5 総合18

ラーメンマン


住所: 宮崎県宮崎市村角町坪平1221-1
料理: こってりとんこつ
宅麺価格: 920円(税別)
※2017年9月6日現在の価格

「ドロ系ラーメンの先駆けとして本場九州のトンコツスープの中でも強烈な個性を放つ一杯。ガツンとしたトンコツの強い香りと、一口飲んだときのコクの深さが特徴。自家製の中細ストレート麺との相性も抜群。替玉付きでボリューム満点」(宅麺コメント)




<レディビアード>
臭いねー! でも臭いの大丈夫よ! ウマければ臭くてもいいの! オーストラリア人だけど臭いの大好きよ! 麺が細いね! もっと太いバージョンも食べてみたいねー! 臭くて太いラーメン体験したいねー! 美味しいから大満足よ!
麺4 具4 スープ4 バランス5 総合17

<れおさか>
うーん。臭いっ。美味いっ。濃厚九州豚骨好きなら間違いなくハマる1杯。細ストレート麺はいわゆる博多ラーメンの様に粉っぽさが無いので好みは別れる所。久留米ラーメンの暴力的な臭さと濃厚さに比べると、臭さも濃厚さもまろやかなもの。香ばしいチャーシューは、チャーシュ麺を食べたくなるほど美味。
麺4 具5 スープ5 バランス3 総合17

<プロフェッサーSD>
スープが臭い! 濃い! そしてなぜか甘い。創業以来の継ぎ足しが生むこのドロスープ、その強烈な臭さまで手元にやってくる宅麺。お店に行って、こってりじゃない「トンコツ」や「あっさりトンコツ」も食べてみたくなる。そして、チャーシューもメンマも香り高く醤油が染みていて食べる者を休ませない、いや、うまくて休んでいられない。
麺4 具5 スープ4 バランス4 総合17

<ミスタークドウ>
くっせぇえええーーー! くっせぇーラーメンが食いてぇ! ならこれ食うべし。私もくせぇラーメン大好きなんだけどうまい店って少ない。ただ臭いだけの店ばかり。でもこれは違う。臭みが旨味になり、旨味がドロスープに溶けて細麺浸透。もう、くっせーラーメンしか食べたくねぇーッ! 宅麺の本気を体感できる逸品だわ。
麺4 具5 スープ4 バランス4 総合17

■麺屋一燈


住所: 東京都葛飾区東新小岩1-4-17
料理: 濃厚魚介つけ麺
宅麺価格: 830円(税別)
※2017年9月6日現在の価格

「2010年6月のオープン直後から大行列を作りだし、『食べログ東京ベストラーメン大賞』等、数多くの賞を受賞してきた麺屋一燈。『ラーメンで人を幸せにしたい』を合言葉に作られた、誰もが認める濃厚魚介つけ麺」(宅麺コメント)




<レディビアード>
サカナ味が強いねェェェェー! すごくサカナだよ! 英語で言うとアグレッシブなテイスト! 麺も硬いね! 今日食べたラーメンのなかでいちばん硬いよ。コリコリコリコリするねー! サカナ大好きならOKね! サカナだめならNGよ。ヘヴィイイイイイイイイー!
麺3 具4 スープ3 バランス4 総合14

<れおさか>
太麺のつけ麺は大好きなのだが、やはりこの麺は風味があまり好みではなかった。そして 『一燈』はやっぱり特製だよなぁ。と思ってしまった。美味い。バランスも取れている。けど「野郎」にはちょっと物足りない。上品な味なのだ。麺は少しデロった物を〆た方が美味しいかも知れない。
麺3 具4 スープ4 バランス4 総合15

<プロフェッサーSD>
スープ割りせずに飲み干してしまうくらいうまかった。しかし恐ろしいことに、今回の5食が超個性的で、その中では印象薄め。魚介つけ麺が大流行して食べすぎたせいかもしれないごめんなさい。あと、もう少しだけ長く茹でるともっとうまくなったかもしれない。宅麺には自分好みの味や食感を追求する余地もあるのだね。
麺3 具4 スープ3 バランス4 総合14

<ミスタークドウ>
これはねえ! 説明書通りに作らなくていいよ。独自の食べ方を推奨したい。麺をキンキンに冷えた氷水でガツンと引き締めてヌメリをとって、冷蔵庫でキンキンに冷やした汁に浸して食べてみい! 店も激ウマだが、キンキンつけ麺は塩分が際立って「うわあああオレは生きてるゥーッ!」って感じになってンメーから!
5 具3 スープ3 バランス5 総合16

■らあめん元


住所: 東京都板橋区坂下2-16-11
料理: 鶏塩らあめん
宅麺価格: 850円(税別)
※2017年9月6日現在の価格

「ラーメン界において数々の賞を総ナメにしてきた『元』の鶏塩ラーメンは、褐色に澄んだ透明感のあるスープの見た目からは想像できない程、しっかりと出汁の効いた一杯。淡麗なのに、奥深い味わいをご堪能ください」(宅麺コメント)




<レディビアード>
本日のナンバーワンなチャーシューきた! 香ばしくてジューシーで柔らかくてチャーシューだけずっと食べ続けられるレベルだよ! 麺は柔らかいなあ! 好きなラーメンはこういうタイプ! スープがクリアで塩タイプね! 塩は癒やされるねー!
麺3 具4 スープ4 バランス4 総合15

<れおさか>
スープだけで1リットルは飲めちゃう。そんなシンプルながらも奥深い、何層にも重ねられた素晴らしいスープ。そのスープを邪魔しないチャーシュー。ほっとする塩ラーメンを食べてみたい人には間違いないチョイスだろう。完全に好みの問題なのだが、自分はこのスープでもっとパッツン系の麺で食べてみたい。
麺3 具4 スープ5 バランス4 総合16

<プロフェッサーSD>
あっさりすっきり旨味じんわりのスープと合わせて、優しい硬さの麺がズルズルと口を通り越して、そのまま喉に入っていってしまいそう。ここで「ラーメンは飲み物」と言われたら同意せざるを得ない。淡麗ゆえに繊細なこの味わいがお店からそのまま手元にやってくる宅麺。その実力にも度肝を抜かれた。
麺3 具4 スープ5 バランス5 総合17

<ミスタークドウ>
ふざけんじゃねえよ! 家でこんなに激ウマな塩ラーメン作れちゃったら、店が潰れちまうじゃねーか! とラーメン屋がブチギレ激怒しても不思議じゃないガチなハイクオリティ。鶏肉、鶏ガラ、鶏足からじっくり抽出した出汁がスウーッとのど越し爽やかで秀逸。鶏肉団子をスープに浸して食べればラーメン天国。
麺3 具3 スープ5 バランス3 総合14

■ラーメン家せんだい


住所: 神奈川県横浜市保土ヶ谷区川島町1496
料理: とんこつ醤油ラーメン
宅麺価格: 880円(税別)
※2017年9月6日現在の価格

「家系ラーメンがひしめく横浜、その中郊外の住宅街で行列を作るらーめん家せんだい。IEK総選挙や食べログベストラーメンにランクインする名店がついに宅麺登場!新鮮な生ガラで作られる、濃厚ながら臭みのない旨みの詰まった一杯」(宅麺コメント)




<レディビアード>
麺が硬いから食べてて心地良いね! こういうの大好きよ! スープは熱いんだね! 脂たっぷりだから冷めないのかな!? チョーこってりで塩分強めだけどスルスル食べられるね! なんでだろう!? なんで? なんでなんで!? やっぱり麺の食感が良いからかな!
麺4 具4 スープ4 バランス4 総合16

<れおさか>
横浜人でも家系で5本の指といったら、間違いなくその一店にあげてくる『せんだい』。いわゆる家系とは色々ちょっと違う。鶏油が立った本牧系とも、醤油の尖った吉村系とも違うマイルドなスープに、少し太めの独特な麺。家系が好きで、今まで食べたことが無いタイプを求めているのなら即ポチもの。
麺4 具4 スープ4 バランス4 総合16

<プロフェッサーSD>
家系すなわちとんこつ醤油なのに万人に薦められるマイルドなスープ。マイルドさから、家系激戦区日吉にある「極楽汁麺らすた」を思い出した。せんだい日吉店も2017/4/1オープン! 知らなかった行く行く。マイルドゆえ家系入門向きでありながら、すでに1つの到達点。
麺4 具3 スープ4 バランス5 総合16

<ミスタークドウ>
ウホッ♪ いいスープ! ほとんど豚骨臭を放たず、まさに王道的な豚骨醤油が堪能できる逸品。皆さんも星の数ほど豚骨ラーメンを食べてきたと思うけど、これは豚骨の完成形といえるかもしれないね。臭くなくドロドロすぎず、ベタつきもなければ雑味もない、上品な豚骨ラーメンが食べたいならコレしかないでしょう。こなああああああああああああああああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいい!!!! 冬にも食いたい!
麺4 具4 スープ5 バランス4 総合17


クオリティがハンパなく高い


お世辞なし、袖の下なし、本音だけで書いたレビューの結果、「麺屋 つくし」がダントツの一番人気となった。食べ応えと濃厚なスープの印象が強く、満足度が高いからだろうか。味の評価は人それぞれだが、平均的に美味しいと評価されているのは事実である。

今回のレビューでわかったことは、「宅麺」のクオリティがハンパなく高いという点。札幌ラーメンが好きな人、ラーメン二郎系が好きな人、肉々しいラーメンが好きな人、ディープな魚介ラーメンが好きな人、いろいろな人がいると思うが、自宅にいながら日本中の人気ラーメン店のラーメンが食べられるのは、ある意味、革命的ともいえる。

緊急朗報!


なんと「宅麺」さんのご好意により、総額10万円分のラーメンクーポンが簡単応募でゲット可能! じゅ、じゅうまんえ~~~んんんんんんんんんんんんんんんんッ!? 詳しくは 宅麺公式ツイッター(https://twitter.com/taku_men)の固定ツイートを御覧ください!

1,000円クーポン ×20名
3,000円クーポン ×10名
5,000円クーポン ×5名
25,000円クーポン×1名

公式アカウントをフォロー&固定ツイートをメッセージ付きRTすると応募完了。抽選後DMでクーポンが届きます。期間は2017年9月16日(土)~22日(金)23:59となっています。

イラスト: 闇雲大佐
取材協力: 宅麺.com / ちばから渋谷道玄坂店
http://www.takumen.com/

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス