最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

シーク様の「やっぱりわしが出ていかねばならんのか?」――フミ斎藤のプロレス読本#087【サブゥー編エピソード7】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


199X年

デトロイトから1通のFAXが届いた。差出人は“The Sheikザ・ツーク”。シーク様には“シ”と“ツ”の区別がつかない。カタカナのスペルはもう何十年も“ザ・ツーク”のままになっている。

でも、それはほんのささいなディテールでしかない。手書きのレターのおしまいの1行には「電話をくれCall me」とあった。シーク様は、日本のレスリング・ビジネスのマーケット事情を知りたがっているようだった。

シーク様がじきじきにペンを取って手紙をしたためてきたということは、なにかサブゥーのことで大切なおはなしがあるにちがいない。

そういうときは泡食ってシーク様にすぐに電話をかけたりしてはいけない。まず、こっそりサブゥーのところに連絡を入れて、だいたいのシチュエーションを予習しておいておくのが賢い対応である。

サブゥーはほとほと困りはてている様子だった。ここ2、3日、シーク様の家に通いづめになっていたらしい。

“アラビアの怪人”のわからず屋はいまにはじまったことではないけれど、甥っ子が偉大なる伯父に伝えようとしていたのは「お願いですからぼくのことで(勝手に)プロモーターと連絡をとるのはやめてください」という基本的なルールのようなもので、シーク様はシーク様で「またわしが出ていかなければならんのか」の一点ばりだから、会話にならない。

「自分のことは自分で決めます」

「だが、現にこうやってお前はここへ来て、わしに相談をもちかけておる」

「それはちがいます」

「お前がきちっとビジネスをテイクケアせんから、プロモーターたちがわしに電話をしてくるのだ。ちがうか?」

「…………」

「お前はわしに審判を仰いでおる」

さあ、どうだ、どうだ、どうだ。ガミ、ガミ。ガミ。ヤックyack、ヤックyack、ヤックyack。じいさんの罵詈雑言は止まらない。シーク様の目にはサブゥーがほんの子どものようの映っている。甥っ子はいつまでもたっても甥っ子のままである。

「人生は修行の連続なのだ」「学ぶことのくり返しだぞ」「もっとよく考えてからものをいえ」

電話口から――ぼくの耳に――聞こえてくるシーク様の声には坊さんか神父の説教のような響きがあった。“アラビアの怪人”は、いまジャパンにいくつのレスリング・カンパニーがあって、それぞれがどんな活動をしているかなんててんでわかっていないみたいだし、そんなことをいちいち頭に入れておくつもりもないようだった。

もちろん、基本的にはサブゥーによかれ、ではある。「わしの甥はアメリカン・レスラーではない。やつはアラブのレスラーだ」「ムダ口をたたかないこと」「いちど約束したら、どんなことがあってもそれを守ること」「群れてはならない。ステイ・バイ・ユアセルフStay by yourself(独りでいろ)」「スターになる人間は、ほかの連中よりも明らかに優秀betterなクオリティーを持っていなければならん」

シーク様は、どうやらシーク様自身の経験を語ってくれたようだった。

数日後、こんどはサブゥーからFAXが送られてきた。シーク様はシーク様なりに1990年代後半のジャパニーズ・マーケットをリサーチしてくれたのだし、ベストな選択はなんであるかをいっしょになってじっくり考えてくれた。どうやら、サブゥーはシーク様のオピニオンを尊重することにしたらしい。

偉大なる伯父が元気なうちは、やっぱり、いうことを聞いておいたほうがいいのかもしれない。ザ・シークとサブゥーの関係はそういう形でしか成立しえない。シーク様は“恐竜”の生き残りのようなものだ。シーク様にもしものことがあったら、ガミガミ怒られることはなくなるかわりに知恵wisdomを授けてくれる人もいなくなってしまう。

シーク様は、まだ学ぶべきことのすべてをサブゥーに教えたわけではない。シーク様が「人生は修行の連続なのだ」といっているのだから「学ぶこと」に終わりはない。

サブゥーは、シーク様から呼び出しを食うたびに、まあ、しようがないか、と思いながら偉大なる伯父の家にお百度を踏むのである。(つづく)

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス