最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

亀梨和也がKAT-TUN復活に執着?水面下で囁かれる新メンバー加入の”ウルトラC”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年5月に無期限の”充電期間突入”を発表したKAT-TUNのメンバー・亀梨和也(31)の初となるソロコンサートツアー『The一(ファースト)~Follow me~』が開催されている。ソロ曲『~Follow me~』を中心に、グループ曲も多数披露する今回のソロツアーだが、東京国際フォーラムでの東京公演では、山下智久(32)とのユニットである「修二と彰」の大ヒット曲『青春アミーゴ』を披露。さらに山下智久がVTRでサプライズ出演するなどファンを喜ばせた。ツアー最終日となる10月30日には、自身の地元である東京・江戸川区総合文化センターで凱旋公演を行う予定だ。

さらにMCでは、充電期間中のKAT-TUNについて触れ、「個々にコンテンツを持っていることが、グループが活動再開したときに強みになる」「来年中とかに集まれたら、ステキだと思う」などと、活動再開を示唆する発言を連発した。この様子は翌日のワイドショーでも取り上げられたことから、その場に居合わせられなかった全国各地のファンの間でも、KAT-TUN復活の熱が高まっている。活動再開の報は本当に近い内に届くのだろうか。

「亀梨の“KAT-TUN再開発言”は、心からの願望でしょうね。今年は『24時間テレビ』(日本テレビ系)のパーソナリティを務め、映画『PとJK』やドラマ『ボク、運命の人です。』(同)でも主演を務めるなど、ソロでも多忙の日々を送っています。しかし、いずれもパッとせず話題性が乏しかったことに、本人も危機感を感じているようです。このままファンが離れていってしまうことを危惧し、ソロツアー終了後にも、活動再開を発表したいと訴えているとも言われています」(芸能記者)

ファンとしても今なお、グループでの活動を切望しているだけに、その気持ちが高い内に再開した方が、個々にとっても得策であろう。そう感じているのは、どうやら亀梨だけではないようだ。

■水面下で噂されるKAT-TUN復活の“ウルトラC”

グループのメンバーである中丸雄一(34)は、レギュラーでMCを務めていた『世界ルーツ探検隊』(テレビ朝日系)が、ゴールデンにも関わらず低視聴率が相次いだ為、8月に打ち切りとなるなど、バラエティでも結果を残せていない。また、10月期ドラマ『新宿セブン』(テレビ東京系)に主演が決まっている上田竜也(33)も、深夜枠の為高視聴率は望めず、役者・MC業共にこれまで目立った活躍はできていない。

KAT-TUNの肩書がなければ、音楽番組への出演も出来ない為、2人はファン以上にKAT-TUN活動再開を願っているとも言われている。

「ジャニーズ事務所としてもKAT-TUN再開は検討事項の一つ。ただ、このまま3人で再始動させていいのかという声もあるようで、新メンバーの増員も視野に入れていると聞いています。ここまでキャリアがあるグループとあって、Jr.からの昇格などはありえないでしょうから、あるとすればかつての錦戸亮(32)のような、他グループからの兼任になるのではと囁かれています」(前出・芸能記者)

KAT-TUN再開に加えて、新メンバーが他グループのメンバーともなれば、ファン発狂ものの情報だが、果たして現実味はどれほどのものか。
文・佐々木浩司(ささき・こうじ)
※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

外部リンク(デイリーニュースオンライン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス