最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【2017】鎌倉の紅葉名所・厳選10選!見頃の時期も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉紅葉

古都・鎌倉は、紅葉を楽しむにはおすすめのエリア!
有名な神社やお寺と共に見る紅葉や、美しい日本庭園の紅葉、期間限定の紅葉ライトアップなど、鎌倉ならではの紅葉を楽しむことができます。

紅葉の見頃とともに、鎌倉の絶景紅葉スポットをご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース
1.長谷寺
鎌倉では珍しい夜間ライトアップで、幻想的な世界を体感
長谷寺池の周囲を散策しながら、紅葉が楽しめる 例年の見頃

11月下旬~12月中旬

四季折々の花木に彩られ、1年を通してさまざまな草花を楽しめる長谷寺。紅葉の時期には、鎌倉でも珍しい夜間ライトアップ(夜間特別拝観)が行われることから、昼間とは一味違った夜の幻想的な紅葉が楽しめます。

境内には妙智池と放生池の2つの池があり、その周りを囲むモミジは圧巻。夕暮れと共にライトが灯り、美しく色づいた紅葉が暗闇に浮かびあがってくる様子をゆっくりと堪能して。
長谷寺出典:じゃらん 観光ガイド 長谷寺 長谷寺
住所/神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
夜間ライトアップ期間/11月25日(土)~12月10日(日)
時間/日没~18:00(閉門)、18:30(閉山)
料金/大人300円 小学生100円
アクセス/江ノ電「長谷駅」より徒歩5分
「長谷寺」の詳細はこちら
2.鶴岡八幡宮
鎌倉を代表する神社で、秋の訪れを楽しもう

鶴岡八幡宮
例年の見頃

11月中旬~12月下旬

鎌倉の紅葉の名所といえば、鶴岡八幡宮。鎌倉駅からもほど近く、鎌倉に降り立ってすぐに秋の到来を感じられる人気のスポットです。

境内には歴史的建造物が多く、悠久の歴史を感じながら風情ある紅葉を楽しめますよ。特に柳原神池周辺は絶好の紅葉ポイント。池にかかる朱色の橋と色づいたモミジが素晴らしい景色を見せてくれます。

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
住所/神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
拝観時間/6:00~20:30
拝観料/無料(宝物殿は有料)
アクセス/JR鎌倉駅東口から徒歩10分
「鶴岡八幡宮」の詳細はこちら
3.建長寺
“これぞ山里の秋”深呼吸したくなる建長寺の紅葉狩り

建長寺
例年の見頃

11月中旬~12月下旬

鎌倉五山の第一位で、北条時頼が建長5年に宋から高僧蘭渓道隆を招いて創建した建長寺。三門をぬけてすすむと、広大な敷地には法堂や方丈庭園など紅葉スポットが目白押し。

境内の一番奥にある半僧坊へ続く参道の紅葉も見事で、天気のいい日には半僧坊から紅葉と一緒に富士山を見ることもできるそう。山里の秋を感じられる建長寺で、秋の散策を楽しもう。

建長寺
建長寺
住所/神奈川県鎌倉市山ノ内8
営業時間/8:30~16:30
料金/大人(高校生以上)500円、小・中学生200円
アクセス/JR北鎌倉駅より徒歩15分
「建長寺」の詳細はこちら
4.明月院
丸窓から覗く、絵画のような紅葉を見に行こう
明月院出典:じゃらん観光ガイド 明月院 例年の見頃

11月中旬~12月下旬

別名「あじさい寺」とも呼ばれている明月院ですが、実は紅葉の名所としても大人気。絶景スポットは、なんといっても本堂にある丸窓から眺める日本庭園です。

ぽっかりと切りとられた空間から覗く紅葉は、ぜひ写真におさめてほしい一枚。この丸窓は通称「悟りの窓」と呼ばれていて、色づいた紅葉をより神秘的な美しさで魅せてくれます。
明月院出典:じゃらん観光ガイド 明月院 明月院
住所/神奈川県鎌倉市山ノ内189
営業時間/9:00~16:00
料金/高校生以上500円、小・中学生300円
アクセス/JR北鎌倉駅より徒歩10分
「明月院」の詳細はこちら
5.円覚寺
モミジのトンネルを抜け、鎌倉屈指の紅葉の名所へ
円覚寺出典:じゃらん観光ガイド 円覚寺 例年の見頃

11月中旬~12月上旬

文永・弘安の役の戦死者を慰霊するため、北条時宗が無学祖元(仏光国師)を招いて弘安5年に創建した円覚寺。

門前の石段から早くも紅葉のトンネルが出迎えてくれるため、期待感も高まります。広い敷地には、三門(山門)、居士林、妙香池と、そこかしこに紅葉が楽しめる絶景スポットが。ぜひカメラを持って出かけたい紅葉の名所です。
円覚寺出典:じゃらん観光ガイド 円覚寺 円覚寺
住所/神奈川県鎌倉市山ノ内409
営業時間/3月~11月 8:00~16:30、12月~2月 8:00~16:00
料金/大人300円(高校生以上)、中学生・小学生100円
アクセス/JR北鎌倉駅より徒歩1分
「円覚寺」の詳細はこちら
6.海蔵寺
和傘と紅葉の情緒あふれる風景は必見
海蔵寺出典:じゃらん観光ガイド 海蔵寺 例年の見頃

11月下旬~12月上旬

鎌倉時代の七堂伽藍が焼失した後、応永1年に鎌倉公方足利氏満の命により、上杉氏定が心昭空外を招いて再建した海蔵寺。

門前から紅葉のトンネルが続き、海蔵寺へ向かう参拝客を早くも楽しませてくれます。しっとりと落ち着いた境内を歩けば、鐘楼や本堂越しに見える美しい紅葉に思わずうっとり。庭園にある赤い和傘も入れて、日本らしさ満載のベストショットを狙ってみて。
海蔵寺出典:じゃらん観光ガイド 海蔵寺 海蔵寺
住所/神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-18-8
営業時間/9:30~16:00
料金/100円
アクセス/鎌倉駅より徒歩20分
「海蔵寺」の詳細はこちら
7.東慶寺
「駆け込み寺」の鮮やかな紅葉に心癒される

東慶寺
例年の見頃

11月下旬~12月上旬

縁切寺法で女性を救済したことから「駆け込み寺」や「縁切り寺」として知られる東慶寺。山門に続く石段の小道をあがっていけば、日常とは違った風情ある景色が広がります。

境内では四季折々の花が参拝客を迎え、秋にはイチョウやモミジが鮮やかな紅葉を見せてくれます。秋の陽射しに輝く美しいグラデーションを楽しんで。
東慶寺出典:じゃらん観光ガイド 東慶寺 東慶寺
住所/神奈川県鎌倉市山ノ内1367
営業時間/冬季(10~3月)8:30~16:00
料金/大人200円、小・中学生100円
アクセス/JR北鎌倉駅より徒歩4分
「東慶寺」の詳細はこちら
8.鎌倉宮
秋空を美しく飾る“紅葉の天井”

鎌倉宮
例年の見頃

11月下旬~12月下旬

明治2年に明治天皇の勅命により創建された鎌倉宮。境内には豊かな自然があふれ、秋になると鮮やかに色づいた紅葉が楽しめます。

特に、『紅葉の天井』と呼ばれ話題となっている社務所前のスポットは必見。足元には赤や黄色の落ち葉、頭上には柔らかい木漏れ日に包まれた楓が広がり、とっても癒される空間をつくり出しています。

鎌倉宮
鎌倉宮
住所/神奈川県鎌倉市二階堂154
営業時間/宝物殿:9:30~16:30
料金/宝物殿:大人300円、小学生150円
アクセス/鎌倉駅からバスで10分(終点下車)
「鎌倉宮」の詳細はこちら
9.瑞泉寺
鎌倉の秋、ラストを飾るのは“錦の屏風”
写真提供:鎌倉市観光協会写真提供:鎌倉市観光協会 例年の見頃

11月下旬~12月中旬

寺を囲む山々の紅葉が錦(にしき)の屏風のように美しいことから、錦屏山(きんぺいざん)という山号が名付けられている瑞泉寺。周辺は「紅葉ヶ谷」と呼ばれている紅葉の名所だけに、山々が色づく美しい眺めは抜群です。

「紅葉ヶ谷」は鎌倉の最奥に位置するため、見頃が12月中旬と遅いのもポイント。鎌倉の秋をまだ堪能していない!という人はぜひ最後の紅葉を楽しんで。
瑞泉寺出典:じゃらん観光ガイド 瑞泉寺 瑞泉寺
住所/神奈川県鎌倉市二階堂710
営業時間/9:00-17:00(通年)※冬11月~2月は入門16:00まで(16:30閉門)
料金/大人200円 小中学生100円
アクセス/鎌倉駅からバス「大塔宮」下車徒歩10分
「瑞泉寺」の詳細はこちら
10.報国寺
青々とした竹林と紅葉の競演。お抹茶で贅沢なひと時を
報国寺出典:じゃらん観光ガイド 報国寺 例年の見頃

11月下旬~12月上旬

「竹の寺」として有名な報国寺。本堂西側の竹庭では1000本を超える孟宗竹が見事な景観をつくりだし、奥にある枯山水の庭園にも心洗われます。

秋にはモミジやイチョウが色づき、竹林との美しい競演が楽しめます。また、竹庭の中にある「休耕庵」で、抹茶をいただけるのも嬉しいポイント。竹庭と紅葉を眺めながらほっと一息、そんな贅沢な時間を過ごしてみては。
報国寺
住所/神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4
営業時間/9:00~16:00
料金/拝観料200円、抹茶(干菓子付)500円(ラストオーダー15:30)
アクセス/鎌倉駅からバスで12分、「浄明寺」下車徒歩3分
「報国寺」の詳細はこちら

※この記事は2017年9月時点での情報です
※使用している写真は2017年のものではありません

外部リンク(じゃらんnews)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス