最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督、鋭い質問に動揺?「それを言わせるのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描くシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開(12月15日)に先駆け、11日、スペシャル・ファン・ミーティングが都内で行われ、緊急来日したライアン・ジョンソン監督が登壇。日本のファンのためだけに駆けつけたというジョンソン監督は、「映画は、L.Aに戻って数日作業をしたら完成する。あとは公開を待つだけだよ」と語り、ファンの期待を煽った。

【関連】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督来日イベントの様子

未だ謎のベールに包まれている本作。脚本も手がけたジョンソン監督の口から何が語られるかに注目が集まる中、トークセッションがスタート。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが物語の展開に「物凄く驚いた」と伝えられていることについて、「どんなサプライズが待っているのか」と問われたジョンソン監督は、「それを言ってしまったらサプライズにならないよ!」と苦笑い。「ただ、今言えるのは、サプライズありきで観客をやみくもに驚かせるのではなく、物語の中で腑に落ちる、あるいは自然に起きるサプライズになる」と回答。

また、前作でフォースを覚醒させたヒロインのレイ(デイジー・リドリー)が「どんな形で成長して行くのか」という質問にジョンソン監督は、「実はレイの辿る道のりが、今回のメインの物語になる。『スター・ウォーズ』はどの作品も、大人に成長し、自分の居場所を世界の中に見つけるというのが基本にあるけれど、ルークとはまた違った険しい道のりがレイを待ち受けることになるね」と明言した。

これに対して、「もしかして、ダークサイドに堕ちるのでは?」と突っ込まれると、ジョンソン監督は大きな声で笑いながら、「それを言わせるか!」と芝居じみた表現で質問を制し、「それはフォースの力でひねり出してくれ」と切り返した。ただ、予告編で描かれていたシーンにヒントが隠されているといい、「ルークの声で“ジェダイは滅びる”と言っているが、どうしてそういう考えに到達したのか、そこが最大のポイントなる」と期待を持たせた。

なお、昨年急死したレイア姫役のキャリー・フィッシャーについても言及したジョンソン監督は、「彼女と出会えたことが、この作品のハイライトだった。最後にお会いしたのが彼女の60歳の誕生日だった。この世にいないことは悲しいけれど、彼女の美しいパフォーマンスがこの映画に残っている。“さようなら”と声をかけられなかった全てのファンにとっては、この作品は意味深い体験になると思う」と締めくくった。

この日は、『スター・ウォーズ』マニアの歌舞伎俳優・尾上松也と、家族全員が『スター・ウォーズ』ファンと公言するモデルの河北麻友子がゲストとして来場し、ファン・ミーティングを盛り上げた。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス