最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「スター・ウォーズ」最新作にカメオ出演 “初解禁情報”を監督が明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【スター・ウォーズ/モデルプレス=9月11日】11日、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のスペシャル・ファンミーティングが都内にて行われ、ライアン・ジョンソン監督、女優の河北麻友子、俳優の尾上松也が出席した。

◆最新作でカメオ出演



『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、シリーズ最新作である同作。映画はすでに完成したのか尋ねられたライアン監督は「もう本当に完成に近いところで、ロスに戻ったあとに数日作業したら完パケという状態で、あとは公開まで待つのみです」と明かし、「いま見せちゃおうかな?(笑)」とジャケットの内ポケットからスマートフォンを取り出した。

また、報道陣からの質疑応答で「確信をつく質問には答えられないと思うので、確信をつかなくてもいいので、何か1つ、ここで初情報解禁をお願いします」とストレートな質問が飛ぶと、ライアン監督は「プロデューサーを見たら首を振っている…」と恐れつつも、「自分と非常に仲のいい俳優のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが、今回エイリアンの声でカメオ出演します。ほんの少しですが、よく聞いていれば彼の声をキャッチできるかもしれません」と告白。再びプロデューサーの顔色を伺い「みんなのために罰は甘んじて受けます」と覚悟すると、観客から拍手喝采を浴びた。

◆観客からの質問に答える



さらに、観客から「『フォースの覚醒』のときに、ハン・ソロの身に起きたことがショックで、私は40℃の熱を出しました。今回もかなりの衝撃作ということですが、私は劇場に見に行っても大丈夫でしょうか」と質問が飛ぶと、ライアン監督は大笑いをし「どうしよう。死んじゃうかもしれない。冷えピタみたいなものを持って行ってくださいね」とコメント。

「無事に最後まで見ることを約束してください」とお願いするなど、茶目っ気たっぷりな素顔で、終始イベントを盛り上げた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス