最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松井咲子“ピアノ逆さ弾き語り”を披露 バナナマン絶賛「ホントにすごい!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AKB48の松井咲子が9月9日にNHK総合で放送された音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』にクイズの出題者として出演した。彼女は4歳頃からピアノを弾き始め数々のコンクールに出場しており、ピティナピアノコンペティションD級(中学生対象部門)本選で優秀賞を受賞している。東京音楽大学付属高等学校から東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻ピアノ科へ進むがAKB48やソロ活動との両立が難しく休学・中退、その後、桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻に入学し2017年3月に卒業した。同年1月13日に放送された『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』のピアノ部門決勝戦ではSMAPの『世界に一つだけの花』を弾いて優勝、王者に返り咲き8代目王者となった。

今回の『バナナ♪ゼロミュージック』にVTRでスタジオメンバーに挨拶した松井咲子は、手始めにピアノに背中を向けて立ち逆を向きながら両手で『ABCの歌』を弾いて見せた。バナナマンをはじめ回答者たちはそれだけで驚きだが、彼女は「普通に出題してもおもしろくないので」と有名な曲を“ピアノ逆さ弾き語り”してクイズにするというのだ。

楽曲を楽譜の後ろから逆に演奏しながら歌い、それを逆再生すると本来の楽曲に聴こえるから不思議だ。松井は『会いたかった』(AKB48)からはじめ、『とんちんかんちん一休さん』(『一休さん』のオープニングテーマ)、『さとうきび畑』(森山良子)と3問出題した。それぞれ最初に「セイ!」、「いくし」、「わぁざ」と聞こえるようなフレーズを口にしてヒントとした。逆再生すると「イエス!」「すき」「ざわわ」となる。

それもあって回答者は正解したものの「こんなことできるの?」「これホントにすごいよ!」「歌い方がすごい」「ピアノ弾いてんだもんあり得ない」という言葉が続いた。進行の川田裕美アナウンサーによると「楽譜をそのまま逆から弾くだけではあのようにならないので、自分で調整する必要がある」という。音楽に精通していなければできないことだ。

松井咲子は2011年7月に『なるほど!ハイスクール』(現在は終了)で「空き瓶を使って『ウィリアム・テル序曲』を自動演奏する」企画に挑戦した。空き瓶に水を入れて叩き音階を探りながらメロディーになるように並べて、プラレールで音を出して自動演奏するというものだ。膨大な数の空き瓶をしかも正確に並べねばならずAKB48メンバー10人以上が手伝った。松井は限られた時間で彼女たちに的確に指示を出してまとめ上げ、その結果自動演奏は成功して皆で歓喜した。

彼女の情熱からピアノが得意なだけでなく音楽が大好きなのだと感じられた。AKB48を卒業してもテレビやラジオで音楽関係の出演があり、9月10日はビルボード東京で開催された『Primo Delicious8th』に“Camellia with 松井咲子”として出演「ディズニーメドレーとクラシックメドレーを演奏」したという。まだまだ活躍の場が広がりそうである。

画像は『松井咲子 2017年9月10日付オフィシャルブログ「びるぼーど!!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス