最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小田急線沿い火災、車両に燃え移り一時騒然 緊急時の心理「10-80-10の法則」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日夕方、小田急線沿いで火災が発生し、炎が電車の屋根に燃え移るなど現場は一時騒然となった。電車はなぜ、火災現場の前で停車したままだったのか。

火事が起きたのは、東京・渋谷区を走る小田急線沿線の住宅やオフィスが立ち並ぶ場所。沿線のボクシングジムから出た火は、緊急で止まった各駅停車の電車の屋根に燃え移った。電車は火がついた後、現場から少し移動して再び停車したが屋根の火は燃え続けた。

車内は先が見えなくなるほど煙が広がったといい、乗客は「すごいパニックな感じで不安で、何も指示がなかったので怖かった。避難指示は5分から10分くらい経った後で『列車の最後尾に移動してください』と。まだ火が立っている状態でどうするの?どうなるの?って」「騒然として、煙がどんどん来て。避難する方と見る方が分かれていて」と状況を語った。


電車に乗っていた乗客約300人は警察などの誘導で電車から降り、線路を歩いて避難した。乗客によると、車内アナウンスがあったのは電車が最後に停車してからさらに10分ほど経ってからだったという。この火事によって新宿と経堂駅間で運転を見合わせたため、利用客7万1000人に影響が出た。

消防によると、10日の午後4時過ぎに3階建てのボクシングジムから火が出ていると通報があった。ボクシングジムに通っている練習生は「1階は全く火の気ないんですけど、2階は合宿生がいる。もしかしたら料理とかのキッチンがあったと思うので」「ボクサーなんでタバコとかそういうのはないと思う」と話す。

小田急によると、火事に気付いた警察官が火災現場の50mほど先にある踏切の非常ボタンを押したため、自動ブレーキがかかったという。電車が止まった後、運転士の判断で安全な場所まで電車を動かすことは可能だというが、電車は非常に燃えにくい素材でできているため、運転士は燃えているとは思わなかったのではないかと専門家はみている。

火は1時間半ほどで消し止められけが人も出なかったが、このような緊急事態にどのように動けばいいのか? 『けやきヒル’sNEWS』(AbemaTV)では、臨床心理士で明星大学准教授の藤井靖氏に緊急事態の心構えを聞いた。


まず、非常事態時の心理として「10-80-10の法則」が働くと話す藤井氏。「災害心理学や防災心理学の領域でよく言われることで、集団を100%とすると、10%は正しい状況判断ができる。もう10%はパニックになり、状況に対応できない。80%は固まってしまって思考停止に陥ってしまう。なので、その状況をいかに自分で判断するかが重要」と指摘する。

さらに、「『同調バイアス』といって、困った時に皆で行動していれば安全だという心理が働きやすい。また、『正常性バイアス』といって、ちょっとやそっとのことでは心のアラームが働かないよう、思い込みや先入観が生じる」とも紹介したうえで、「そういう自分があることを知っておくことが大事」と話した。

実際に非常事態に直面した場合の心構えについては、「その状況を見て自分で判断しているようでも、『社会的参照』といって周りの人の動きを参考にしている部分がある。今自分がどういう環境に置かれているかを考える時、過去のニュースを見ておけば、今回は『電車は燃えるんだ』ということがわかる。そういうことが頭に入っていれば、自分の物差しで判断する気持ちになる。経験がない場合は、推察力や想像力を持っておけるといい」と推奨した。

(AbemaTV/『けやきヒル’sNEWS』より)

▶ 『けやきヒル’sNEWS』は毎週月~金曜日 12:00~13:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス