最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

27時間テレビが「完全に成功」と評された理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)Eviled / Shutterstock
(C)Shutterstock

ビートたけしが総合司会を務めた『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)は平均視聴率8.5%で、最低記録だった昨年の7.7%をかろうじて0.8ポイント上回った(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。

史上初となる9月の放送、ほぼ収録企画で内容も“日本の歴史”をテーマに硬派なものへと一新した同番組。1996年の『FNSの日十周年記念1億2500万人の超夢リンピック』以来、21年ぶり6回目となる総合司会をビートたけし、キャプテンを『関ジャニ∞』村上信五が務め、メイン企画の『にほんのれきし博物館』には“タビビト”として波瑠が出演した。

今回は“日本の歴史”をコンセプトとしながら、バラエティー、ドラマ、情報、スポーツ、アニメとジャンルを横断しながら『学び、笑い、楽しむ』を2日間にわたって放送していた。

「視聴率は昨年よりもよかったのですが、『ワイドナショー』やドラマなどが放送休止となり、視聴者から『いつも通りのラインアップで放送してくれ』、『ドラマはいつも通りにやれ』などとお叱りの声も多数、いただきました」(フジテレビ関係者)

このようなクレームもあったそうだが、27時間かけて日本の歴史を振り返る内容では、たけしが1986年12月に起こした『フライデー襲撃事件』の真相を語るなど、大いに話題を呼んだ。

「映画の低い評判で落ち込んでいるタイミングでバイク事故を起こした心理状況や、日本国内では2週間で打ち切りになった映画『ソナチネ』が海外では評価が高いという“温度差”に悩んだというエピソードも、SNSなどで大きな反響を呼んでいました」(同・関係者)

最も反響を呼んだビートたけしの語った「バイク事故」
その、たけしが起こした1994年のバイク事故について話しだしたときには、スタジオが張り詰めた。当時、映画監督として、たけしは海外での評価も高まりつつあった。それまで乗ることがほとんどなかったバイクに、なぜ乗ったのか。あの夏の夜の深夜、見通しのいい緩やかなカーブで、なぜガードレールに突っ込んだのか。いまでも続く病院で目が覚めた瞬間の悪夢、入院中の心境、事故をきっかけに変化したことなど、たけしが全てを語ったのだ。

同コーナーで共演したジャーナリストの池上彰は、たけしへの追求だけでなく、自らNHKの事件記者時代に取材した1980年に山梨県で起きた幼児誘拐殺人事件や富士山大規模落石事故、静岡駅前の地下街ガス爆発事故、新宿西口バス放火事件と数週間のあいだに立て続けに起こった大規模事件のエピソードや秘話も披露した。

「歴史を語らせたら、右に出るものがいないたけしと、さまざまな取材経験のある池上は名コンビでしょう。来年もまたふたりで、という話も出ています」(同・関係者)

フジテレビは27時間テレビの効果もあり、9月10日日曜日の全日視聴率で1位に輝く“1冠”を達成した。

「不景気な話が続いていたなかで、フジテレビとしてはひさしぶりにうれしいニュースでした」(同・関係者)

キャスティングはひとまず大成功だったようだ。

【画像】

(C)Eviled / Shutterstock

外部リンク(まいじつ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス