最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

気分はフルコース♪名店シェフ監修の非常食「東京備食」はデザート付きの絶品ぞろい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見た目も中身もユニーク!2016年に登場し、“食べられる防災ブック”として話題を呼んだ「東京備食」を入手。さっそく開けてみたのでご紹介します。

「東京備食」は、3食分(1食5品)の備蓄食と防災に関するノウハウ本がセットになった防災グッズ。料理の監修は日本料理の名店「賛否両論」の笠原将弘シェフ、缶詰製造は「缶つま」シリーズで知られる国分が担当しています。それではその外見と中身を確認していきましょう。

しっかりしたつくりのケース(約15×29×18cm)には、3つの箱と防災ブックを収納。各箱には主食(アルファ化米)、主菜、副菜、汁物、デザートの5品目が入っており、あたかもフルコースのような食事ができるようになっています。3食それぞれ違う内容なので、開けるたびに新しい味わいを楽しめるのも魅力。

防災ブックには、水やガスを節約できる調理法や保存食のレシピ、備蓄品のチェックリストなどを掲載。薄手の冊子ながら、じっくり読み込みたくなる盛り沢山の内容です。画一的な情報だけでなく女性や乳幼児、高齢者などに向けたアドバイスものっており、家族みんなで参考にできるのもポイント。

なお筆者は今回、3食のうちの1つ「ぶり大根含め煮セット」を試食。素材の風味や食感がしっかり残り、だしの旨みも効いた味わいは、非常食とは思えない満足感でした。なお缶詰によっては、数分湯煎してから食べるとより美味しくなるとのこと。

「東京備食」の販売場所はセブンネットショッピング。価格は6,000円(税別)となっています。味わいを追求しているだけにお高めですが、「自宅避難が続き、ストレスがたまってきた」といった時にいただけば、心と身体をほっと癒してくれそうです。防災グッズの一部として、または贈り物用として、購入してみてはいかがでしょうか?

外部リンク(えんウチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス