最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スペシャルイベント開催間近、新型iPhone情報最終案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●新型の名称は「iPhone 8」か、ハイエンド版は「iPhone X」

米Appleが9月12日午前10時(現地時間)にスペシャルイベントを開催する。場所は初公開となる新キャンパス内のSteve Jobs Theaterで、噂のiPhone新製品やLTE対応Apple Watchと合わせ、新キャンパスのお披露目が行われることになる。イベントの模様は例によってインターネット経由のライブストリーミングで世界に向けて配信が行われ、日本では13日午前2時から公式ページから対応WebブラウザまたはApple TV経由で見ることができる。イベント終了後もしばらく後にオンデマンド配信が行われることになるので、見逃した人は後日改めてチェックすることが可能だ。本稿では「噂の新型iPhone最終案内」と題してイベントの見所をまとめていきたい。

新型iPhoneに関する基本的な情報は、8月上旬に筆者がまとめた記事の内容からほとんど変化ないと考えていいだろう。そのため、まずは前回のレポートを参照してほしい。1ヶ月間でのアップデートとしては「外観」「名称」「新機能」が挙げられ、順番にチェックしていこう。

これまで何度か報じてきたように、2017年に登場する新型iPhoneは3種類のモデルで構成される。そのうちの2つは現行のiPhone 7の後継となる「4.7インチ」「5.5インチ」のモデルであり、残りの1つは今回のイベントでの目玉となる「有機EL (OLED)搭載の5.8インチ」のモデルだ。OLEDモデルは完全に新機軸のもので、ホームボタンを廃してディスプレイの表示/タッチ領域を前面ギリギリまで広げたデザインが特徴だ。ディスプレイサイズが5.8インチまで拡大する一方で、ディスプレイに比した筐体そのもののサイズはそれほど大きくなっておらず、むしろ5.5インチモデルより若干小型になるといわれている。これまで、この3つのモデルのサイズ感がいまひとつ説明しにくかったが、ドイツのベルリンで開催されたIFAにおいてモバイルジャーナリストの石野純也氏がケースメーカーの最新モックの画像を入手したので、これを参照するのが一番わかりやすいだろう。

あるケースメーカーのブースで、「噂では来週3種類出るって聞いたんだけど……」と言ったらモックが出てきて、「撮影してって!」となぜか歓迎される。 pic.twitter.com/hkDWwY4Gzw— Junya ISHINO/石野純也 (@june_ya) September 3, 2017

そして新型iPhoneの名称だ。9 to 5 Macなどでもすでに報じられているが、その名称は「iPhone 8」となり、これまであったような「iPhone 7s」の名称をスキップする見込みだ。筆者も別の情報源から同様の情報を確認しており、「iPhone 8」となる確度は高いと判断している。また、こちらは筆者の情報源では最終確認できなかったが、OLEDモデルの名称は「iPhone X」とのことで、既存の製品ラインとは別枠での扱いとなるようだ。いうまでもなく「X」は「10」を意味しており、初代から数えて10周年記念モデルという位置付けのようだ。

最後の「新機能」が今回の本題だが、新型iPhone、特に「iPhone X」における「カメラ」と「ユーザーインターフェイス」が大きな特徴といえるだろう。まず後者の「ユーザーインターフェイス」だが、iPhone Xではホームボタンを持たないため、これまでホームボタンの利用を前提にした各種操作がそのままでは利用できない。そのため、ギミックとして「カメラ」と「サイドボタン」を組み合わせて、タッチパネルなしでもある程度の基本操作が可能になるよう工夫が行われているとみられる。9 to 5 Macでも触れているが、Apple Payの実行トリガーがサイドボタンのダブルクリックであったりと、Touch IDの代理を行うべく、いくつかのギミックが加えられているようだ。

また、これは筆者の予想だが、カメラ機能にもいくつかの工夫が加えられるとみている。顔認証を行うFace IDの採用にともなって、新型iPhoneでは3Dスキャン機能が加えられる可能性をMGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が言及しているが、これがフロントとリアの両方に加わった場合、カメラ機能に大幅な変化があるのではというわけだ。具体的にはARKitとの組み合わせで、ARオブジェクトと背景を合成した特殊な写真のほか、切り抜き合成、さらには距離計測など、さまざまなアプリケーション応用が期待できる。3Dスキャンの実現には赤外線(IR)と深度カメラの組み合わせを利用することになるが、測れる距離は赤外線の照射距離に依存するため、フロントカメラはセルフィ用途限定で、リアカメラについては何らかの利用制限があるかもしれない。いずれにせよ、カメラ機能は注目ポイントであり、スペシャルイベントにおけるデモの見度凝るになるだろう。

●一般ユーザーにiPhone Xをあまりお勧めしない理由
とはいえ、iPhone Xで搭載されるさまざまな新要素は本体価格の大幅引き上げにつながる。前回のレポートでも触れたが、OLEDのパネルモジュール単体で100ドルを超えるコストとなり、それに加えてイメージセンサーが従来製品と比較して1.5-2倍となるため、価格の大幅上昇は避けられない。最低でも1,000ドルを覚悟しなければならないだろう。

このため、iPhone Xは台数がそれほど出ない……おそらくはiPhone 7 Plusの出荷台数にも満たない水準になる可能性が高いと筆者は考えている。これにはいくつか理由がある。価格の高さもさることながら、「OLEDを含む部品の供給不足と製造の遅れで発売が大幅に後ろにずれ込む」「そもそも年内にそれほど台数が出てこない」ということで、「価格問題」と合わせ「商戦期を微妙に外す」「少ない製品の取り合い」という三重苦が待っており、Appleの業績にはそれほどプラスのインパクトを与えないのではと思われる。筆者の推測で、iPhone Xの今後半年での出荷台数は多くても1,500-2,000万台程度、発売日は10月末か11月ころを予想している。ホリデーシーズン商戦にはギリギリ間に合うが、少ない商品を取り合う構図は変わらず、比較的入手が容易になるのは年が明けて2018年春頃ではないだろうか。

ここで筆者からの進言だが、「新機能を使ったアプリの開発に必要」「どうしても最新のiPhoneを試したい」というユーザー以外にはiPhone Xはあまりお勧めできないと考えている。一方で、多くのユーザーには「最新の高速で快適なiPhoneがほしい」というニーズであり、新しくなったiPhone 8はその用途に最適だと考える。おそらく2017年モデルで販売される製品シェアの大半はiPhone 8とiPhone 8 Plusが占めることになるため、Appleの決算的にもiPhone XよりはiPhone 8のほうが重要なピースだ。もう1つ、これまでiPhoneで重要だった「売却時に高値で売れる」という要素は、iPhone Xには当てはまりにくいと予想している。当初は入手難易度から高値が維持されるが、長期的にみれば1,000ドルという価格は大幅に高く、値崩れの危険があることにも触れておきたい。

●そのほかiPhone、Apple Watch、Apple TVに関する情報
iPhoneではこのほか、「無線充電」に関する噂がささやかれている。Apple自身が長年にわたって無線充電に関するプロジェクトを推進していることは把握しているものの、新型iPhoneにこの機能がどのような形で搭載されるのかについては情報がまったく入手できていない。そのため、充電方式や実際の利用スタイルについて、現時点でわかっていることがない。ケースやアクセサリメーカーの一部では、この無線充電採用を見越して「複数方式に対応した充電台」を先行してリリースしているようだが、iPhoneクラスのスマートフォンを短時間で無線充電するのは現状でもまだ難しく、あくまで「長時間放置しておいても電池が減らない」程度に考えておいたほうがいいかもしれない。

Apple Watchについては既報の通り、LTE機能が搭載される。リーク情報によれば、デザイン的にはスペースグレイに赤い先端のクラウンを冠したものとなり、Series 2までとは若干コンセプトを変更したようなイメージだ。Apple Watch LTEでは直接携帯ネットワークへの接続が可能であり、iPhoneとのペアリングなしで独立した形で動作し、さらにWatch単体でのセットアップが可能になると考えられる。一方で、iPhoneと共通の電話番号を持った状態でLTEネットワークが利用可能になるなど、一部携帯キャリアが提供している専用の安価な「iPhone併用料金プラン」が提示される可能性が指摘されており、これがWatchの拡販につながるという指摘もある。

また長らく噂されているものの、先が見えないのがApple TVだ。今回のスペシャルイベントでApple TVが発表されるという噂がたびたび出ているが、4K HDR対応といった情報以外は特に出回っておらず、筆者の情報源でも詳細は確認できていない。新型Apple TVでは過去2年以上にわたって「専用の安価なプレミアム番組チャネル」が提供されるという噂とセットで語られてきたが、おそらくこれは今回も実現する可能性は低いとみている。現状で4K HDRのコンテンツをフルに活かせるのはNetflixなどの配信系サービスが中心であり、仮にコンテンツがない状態でApple TVがリリースされても、これらサービスの受信機としての役割を大きく越えない。もし新製品発表が行われる場合、Appleにはこのあたりの工夫に期待したいところだ。

以上ざっと追いかけてきたが、ぜひ日本時間で13時早朝の発表を楽しみにしてほしい。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス