最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

フェラーリ創業70周年記念特集!全20サーキット特性リストからチャンピオンシップを占う【F1速報×F1女子~イタリアGP号~】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たくさんのティフォシで埋め尽くされた2017年F1第13戦イタリアGP。6番手からスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が素晴らしい走りで3位表彰台を獲得し、表彰式のセレモニーは大盛り上がりでした。

イタリアといえばフェラーリ、フェラーリといえばイタリア! ということで、9月7日(木)発売の「F1速報イタリアGP号」ではフェラーリ創業70周年記念特集を掲載。今号の見所と合わせて紹介します!!

フェラーリの聖地モンツァで、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に開幕以来守ってきたドライバーズ・チャンピオンシップ首位の座を譲ってしまったベッテル。しかし、その差はわずか3ポイント。まだ勝負の行方は分かりません。フェラーリ創業70周年記念特集では、2007年以来ドライバーズ・チャンピオン獲得から遠ざかっているフェラーリ王座奪還へのシナリオを徹底分析しています。

■鍵を握る北南米3レース

特集の中で特に興味深かったのが「鍵を握る北南米3レース」です。フォース・インディアのアンドリュー・グリーンの協力の元、全20のサーキットの特性リストを作成。これまでの13戦の結果から、残り7レースの戦況を予測しています。

本誌はフェラーリと相性が良いサーキットは「ダウンフォースが最大レベルのコースで、ソフト側のコンパウンドを使用し、パワーユニットの寄与率が低いサーキット」と分析しており、これにはシンガポールとアブダビが当てはまるのだそうです。

対するメルセデスは鈴鹿と(熱対策さえできれば)セパンが優位なサーキットで、チャンピオンシップの行方を占うのはオースティン、メキシコシティ、インテルラゴスなのではないかと予想。その理由を以下のように述べています。

「オースティン、メキシコシティ、インテルラゴスは低速、高速セクションがミックスされたレイアウトで、高速セクションはメルセデス、低速セクションはフェラーリが有利となるため、セットアップや天候、ドライビングなど、他の要素が決定打となりうるだろう」

残り7レースのうち、フェラーリとメルセデスそれぞれ優位なサーキットは2つずつ。残りの3つはイーブン。優位でないサーキットでいかに順位を落とさず、ライバルに近づけるかがチャンピオン獲得のキーポイントになりそうです。「全20サーキットの特性リスト」を見ながら残りのレースを自分なりに分析してみては!?

■「絶対無欠」の存在

サーキット特性も気になるけど、やっぱりドライバーが気になる! という方におススメなのが「『絶対無欠』の存在」。ベッテルがフェラーリについて、そしてシーズン後半戦についてたっぷりと語ってくれています。その中でもベッテルのF1に対する熱い想いが伝わるエピソードがありました。

「タイヤに関しては、明らかにフェラーリの方がいい仕事をしてきた」と認めているライバルのハミルトン。なぜフェラーリはそれほどうまくタイヤを使えるのでしょうか。その答えは、昨年行われたピレリのタイヤテストにあると言います。

タイヤテストに参加したのはフェラーリ、レッドブル、メルセデスの3チーム。その中でも現役ドライバーではベッテルがピレリへの協力に誰よりも熱心だったのだそう。

このことについてベッテルは以下のように語っています。

「ピレリが17年に向けて大規模な開発プログラムを行うと聞いた時、そのテストで自分がドライブすることは当然の選択だった。まず僕自身、ドライブするのが好きだからね。最近はテストに関する規制が厳しくてあまり走れないから、僕としてはドライブする機会があれば、どんなことでも積極的に参加したいんだ。そして、もうひとつの理由は新しいタイヤについて、少しでも学んでおきたかったということだ」


この他にもSF70Hアップデートの軌跡を最大のライバル、メルセデスと比較しながら徹底分析する「小さな歩幅で着実に」や、08年からのシーズンを大きく3つのピリオドに分け、フェラーリの不振が長引いた理由はどこにあるのかを探る「2008-2016失われた9年」も見逃せません!

■インタビュー:ロバート・クビカ

私的にもう1つの見所が、元F1ドライバー ロバート・クビカ特集です。

2011年のシーズンオフに趣味のラリーで重傷を負い、一時はF1復帰が絶望視されていたクビカが今年になって積極的にテストに参加。ついにF1復帰か!? とソワソワしている方、たくさんいるのではないでしょうか。

こちらのコンテンツではハンガリーGP明けに行われたインシーズンテストで、現行F1マシン(ルノーRS17)のステアリングを再び握ったクビカに密着しています。

ラリーの事故で負傷した右腕は筋肉が落ち、依然として動きも制限されているものの、距離にして2レース分を走りきったクビカ。右腕の写真も掲載されているのですが、傷跡が残っていて痛々しい……。

トラックサイド・オペレーションを指揮するアラン・パルメインはクビカの復帰を心底喜んでいるそうです。

「彼はドライバーとしても人間的にも昔と変わっていない。でも歳を取ったぶんだけ、周囲への要求が少なくなった。とは言っても、昔の彼が厄介なヤツだったっていう意味じゃない。今の彼は完璧にいかないことがあっても受け入れるようになった。以前はコクピットのなかできっちり仕事をしてきたうえで、こちらにも完璧さを要求してきた。こっちの頭がおかしくなりそうなくらい突き詰めるドライバーだった」


ラリーで負傷してから現在まで、クビカの心境はどのように変化していったのでしょうか。

「レースに復帰したいというのは常に頭の片隅にあったけれど、最優先事項は『生き続ける』で、その次が『普通の生活を送れる状態になる』ということだった。事故に遭ってから最初の6~8カ月の間は、そのことばかり考えていた。再びレースをするには肘の動きが不十分で、そのせいでF1をテストする気が起きなかったんだ。しばらくF1のことは考えないようにしていた」

さらに続けます。

「それから身体の機能が少しずつ回復してきて、シングルシーターを運転できるようになったと気づいたけれど、昔のような速さに戻れるかは分からなかった。それで、2016年の末には自分で目標を設定した。以前の体力を取り戻して、F1に挑戦するとね。そして、ルノーがバレンシアで12年型マシンを走らせるチャンスを与えてくれた。すべてがうまくいったよ。ポールリカールでまたテストができて、それも順調にいって、今回のテストにつながった。つまり必要な段階を踏んで、ここにいるってわけさ!」

そして最後に前向きなコメントも残しています。

「もし来シーズンはどこにも乗せてもらえず、F1に復帰できなかったとしても、なんの後悔もない。自分のすべきことはすべてやったし、与えられたチャンスもきちんと活かすことができた。僕を信じ続けてくれたルノーには本当に感謝しているし、だからこそ自分自身にも満足している。F1に復帰する準備は整った」

来年どうなるかまだ分かりませんが、いつかまたクビカがF1に戻ってきてくれる日を願うばかりです。

チャンピオンシップ争い、そして来シーズンのシート争いとますます目がはなせなくなった今シーズンのF1。「F1速報イタリアGP号」を読めば現在のF1事情が丸わかりですよ! ぜひご覧あれ!!

(yuri)

【関連リンク】

三栄書房オンライン通販
http://www.sun-a.com/sp/tuhan

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス