最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

風間俊介『陸王』出演!バッサリ散髪で銀行マン役

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
俳優の風間俊介、馬場徹、そして落語家の桂雀々が、役所広司主演の新ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~、10月スタート)に出演することがわかった。

池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、先細る足袋の需要から会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を、紘一の息子・大地役を山﨑賢人が演じる。

風間が演じるのは、「こはぜ屋」の将来を考え「新規事業を始めるべきだ」と宮沢に提案する、埼玉中央銀行融資課の銀行員・坂本太郎。企業の大小関係なく人とのつながりを大切に考えており、「こはぜ屋」の新規事業である「陸王」の開発を応援し続ける重要な役どころだ。まだ若いが遠慮せず物言いをする芯の強さと、改善点を的確に指摘する知性、そして何よりも熱い情熱を持っている。風間は「台本を読み、登場人物それぞれが奮闘しながら立ち向かっていくんだろうなという熱い日々のスタートを感じました。一人一人が命がけで自分の仕事に立ち向かっているので、僕もこの命がけで行きたいと思います」とコメント。また、銀行員役は初だそうで、「髪が耳にかからないよう言われたので、久しぶりにばっさりいきました。役所さんをはじめ皆さんが撮影しているのを見て間違いなく面白いと感じたので、是非一話から欠かさずに見てもらえたら」と語っている。

本作の演出を担当する福澤克雄は、風間と16年ぶりのタッグとなる。1999~2000年に放送された『3年B組金八先生』第5シリーズで、演技を始めて間もない頃の風間を演出。その後、風間が2001~2002年放送の『金八先生』第6シリーズに出演した際も福澤が演出した。風間は「(福澤さんのことを)本当に自分のお芝居の師匠だと思っているので、原点に返りつつ、一緒に仕事をしていない間にこれだけのことをやっていたんだということを見ていただければ」と意気込みを見せる。

また馬場は、坂本と同じ埼玉中央銀行・融資課長の大橋浩役で出演。出世や己の利益の為に生きており、坂本が推進する「こはぜ屋」の新規事業に対して懐疑的な見方をするが、「陸王」の開発を諦めないひたむきな宮沢たちの姿勢に徐々に共感していく。馬場は「携われることに表現しきれない嬉しさを感じています。たくさんの方に楽しんで観ていただけるよう、先輩方の力を借りながら一所懸命にぶつかっていければ」とメッセージを寄せる。

そして民放連続ドラマ初出演となる雀々は、埼玉中央銀行行田支店の支店長・家長亨役に決定。銀行の看板を鼻先にぶら下げたような男で、中小零細企業をバカにしているような節があり、坂本とは方針が合わず面白く思っていない。雀々は「過去に経験したことのないエリート、しかも嫌われ者役へ初挑戦ですが、自分の個性を180度変え、何とか嫌味な銀行員を演じきりたいと思います。同じ落語家として、過去の日曜劇場には立川談春くん、春風亭昇太くんも出演し熱演していたのを見ていますから、僕も彼らに負けないよう全身全霊で頑張りたいと思います」と熱く語っている。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス