最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ケンカから別れ話にまで発展…。もう一度彼と仲良くやっていく方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。ライターの和です。ガールズレスキューからこちらの質問に答えさせていただきます。

「付き合って4年半になる年上の彼氏がいます。最近デートの別れ際にケンカをすることが増えてきました。ケンカの内容は些細なことですが、そこからヒートアップし、別れ話も出てくるようになりました。

彼氏はケンカをすると全てが面倒くさくなり、何を言っても『はいはい』『ごめんって言えばいいんでしょ』と適当にあしらってきます。真剣に考えてないことを問うと『ケンカはめんどくさいから何も考えたくない』と言い、私もかける言葉が思いつきません。

ケンカで直して欲しいことを伝えると、そのときは『直すようにするわ』と言うものの、すぐにケンカを終わらせたいため、直す気は無いのにそのようなことを言うようです。ケンカ以外ではいつも通りなのですが、ケンカになると態度が変わり、本当に私のことを好きなのかとしんどくなってきました。

感情的にならないように話し合うようにはしていますが、結局ヒートアップしてしまい、今も仲直りのために電話したのにまたケンカしてしまい、一方的に切られたままです。私はどうしたら良いでしょうか」

別れ話まで発展してしまうケンカを何度も繰り返すのは、気持ちがすり減ってしましますよね。

とはいっても、「ケンカしないように」と我慢しすぎるとイライラしてしまうし、どう感情をコントロールしたら良いのかわからなくなってしまうでしょう。そこで今回は20代女性とともに、こちらのお悩みについて考えてみました。

■・ケンカしそうになったら一旦こらえる
「ケンカしても良い方向に話は進まないよね。言いたいことをそのままストレートに伝えるんじゃなくて、一旦は我慢したほうが良いんじゃないかな」(26歳/接客)

お互いにヒートアップしてしまうと、意地の張り合いになってしまいます。そのため別れる気がなくても「もう無理」なんてワードが出てきてしまうもの。それにどんなにケンカをしても彼に直す気がないのであれば、そのやりとりは無駄ということになりますよね。

彼の態度にイライラしたとしても、ここは女性側がグッとこらえるようにしましょう。

そして彼の機嫌が良さそうなときに「これやめて」と言うのではなく、「もっとこうしてくれたら嬉しいな!」とポジティブに伝えてみましょう。ケンカ以外のときに、彼を良い方向に導くイメージで接してみてください。

■・一度距離を置く
「私も彼とケンカばかりになったときがあって。そのときは覚悟を決めて距離を置きましたね。そしたら彼のほうから『ごめん、もう一度やり直そう』と言ってもらえました」(27歳/経理)

4年半も付き合っていると、お互いが「居て当たり前」になってしまっているはず。だからこそ仲直りをしようと思っても、どっちも譲らずにまたケンカを繰り返してしまいます。

ここは勇気を出して1回距離を置いてみるのも方法でしょう。あなたの存在の大きさに気付いた彼が、今後について真剣に考えてくれるようになるかもしれませんよ。

■・「自分は正しい」と思い込みすぎない
「彼氏の短所を見ていると、だんだん『私は間違ったことを言っていない』って気になってくるんだよね。でもその考えが、仲直りできない原因なんだろうなって思う」(29歳/出版)

付き合いはじめの頃は彼に嫌われたくないからと、自分の欠点も隠してきたはず。でも付き合いが長くなると、お互いにダメなところもたくさん見えてきます。

たとえば「私に優しくしてくれないのが嫌」「時間にルーズすぎる」など…。そうすると「私はこんなに頑張ってるのに何でわかってくれないの!」「私は悪くないのに!」と、自分は間違っていないという気持ちだけが膨らんでしまいます。

でも実際は完璧な人なんて誰もいないもの。自分にも、「よくないところ」はあるはずです。「自分は正しい」と思い込みすぎないようにすれば、彼のダメなところも受け入れられるようになるかもしれません。

■おわりに
彼と付き合っていきたいのであれば、まずはケンカをしない方向に持っていくべき。お互いにいなくてはならない存在になれるよう、自分の考えや彼の扱い方について改めて考えてみましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス