最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『27時間テレビ』最大の収穫はキャプテン・村上信五 - フィナーレで見せた"驚異の成長力"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●たけしの絶賛はリップサービスではない
31回目にして大幅なリニューアルを図った『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系、9日18:30~10日21:24)の放送が終了した。生放送のダイナミズムを捨て収録にしたことで不安視する声もあったが、終わってみればおおむね好評で、視聴率も昨年の7.7%を上回る8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。なかでも「最大の収穫」とも言うべきは、総合司会・ビートたけしをサポートしたキャプテン・村上信五(関ジャニ∞)の活躍だった。

村上は制作発表会見で、「(たけしに)ついていくのに精いっぱいですし、年齢が倍違うんですよね」と話したように、たけし70歳に対して村上35歳。干支が3回りするほど年上のレジェンドを相手に、あるときは敬意を持って「やめなさい」、あるときは雑に「コラッ、おじいちゃん!」。乱発される小ボケを1つとして受け流さず、ナイツの漫才を思わせる脱力的な笑いを生み出していた。

たけしが「勘がいいからね、この人。私なんか好きなこと言ってツッコミを待ってるだけだから」「(そのうち)ジャニーズ事務所の大看板になる」と絶賛したのは、やはりリップサービスではない。「ここまで俺をボケさせるとはたいしたものだ」と感じたからだろう。

○絶え間なくツッコミ続けるスキルと胆力

9日18時30分の番組スタートは、村上の一人舞台だった。しかし、27時間の幕開けという大役にも関わらず、村上は明らかにリラックスモード。セットを見渡し、「スゲェー」とひとり言をつぶやきながら階段を上った。

続くオープニングトークも、「まあ、歴史……個人的には好きですけども、多分知らないことのほうが多いですし、興味ない分野は削いできてしまっているところもあるので」と、気負いなし。まとまりのないコメントと、ゆったりとした話し方は、番組の尺を意識しないネットライブ動画を思わせるゆるさだった。そんな村上のMCスタンスが、「歴史」の持つ堅苦しいムードを取り払い、番組の間口を広げたのは間違いない。

さらに株を挙げたのは、FNS27局のアナウンサーやスタッフを愛情たっぷりにイジった『れきし自慢!大賞』。コーナー冒頭から、高知さんさんテレビの合田泰吾アナに「噛んどるやないか! だいたいタレントさんに第一声振るから。あんまり乱さんといてください」と強烈なツッコミを入れるなど、"初絡み"の人でも臆する様子はなかった。

その他、今回の『27時間テレビ』で村上がトークを交わした相手は、『日本人ルーツ顔探しの旅 世界で発見! 縄文顔×弥生顔』で加藤諒、横澤夏子ら、『さんまのお笑い向上委員会SP』で明石家さんまと31人の芸人たち、『免許皆伝』で南原清隆、永島優美アナら、『ニッポン道 室町ックJAPAN!』で、所ジョージ、林修、中川翔子ら、『村上信五とスポーツの神様たち』で金田正一、釜本邦茂ら、『めざましテレビ』で三宅正治アナ、伊野尾慧ら、『関ジャニ∞クロニクル』で関ジャニ∞、剛力彩芽ら、『学ぶヒストリー劇場 大地震と富士山噴火と人々と』で堤真一、島田彩夏アナら、『あの人の歩き方』で爆笑問題、筧利夫ら、『痛快TVスカッとジャパン』で内村光良、指原莉乃ら、『池上彰が見た! たけしと戦後ニッポン』で池上彰、高島彩ら、年齢とジャンルを超えた幅広い顔ぶれ。

たけしから地方局のアナウンサーまで、絶え間なくツッコミ続けたスキルと胆力は、掛け値なしで素晴らしかった。同時に、村上は今年の『27時間テレビ』でものすごい経験値を得たことになる。

なかでも印象的だったのは、『免許皆伝』で南原清隆が村上のトークをホメたシーン。南原から「相変わらず拾い上手だね」と持ち上げられた村上は、すかさず「汐留(日本テレビの『ヒルナンデス!』)ではお世話になりまして」と過剰に丁寧なお辞儀をした。それを受けた南原も「こちらこそ」と深々とお辞儀。視聴者に心地よいムードを感じさせつつ、笑いを誘う村上らしい切り返しだった。

●先輩・中居正広とは異なるMCスタイル
○いい意味での小物感を醸し出す

日ごろ村上のMCを見ていて気づかされるのは、ポジションの低さだ。常にMCのパートナーや出演者たちよりも「少し下」のポジションにいて、いい意味での小物感があるため、周囲を引き立てられる。

たとえば、「現在最も勢いのあるMC」と言われるマツコ・デラックス。その存在感や異人ぶりが最も発揮されているのは、村上とコンビを組む『月曜から夜ふかし』(日テレ系)ではないか。村上のポジションが低い分、マツコの強さが際立っているし、もっと言えば街頭インタビューの一般人をも引き立てている。

一方、明石家さんま、浜田雅功、内村光良、今田耕司、東野幸治、加藤浩次、太田光、上田晋也……彼ら40代以上の芸人MCは、話を掘り下げ、同じ笑いを繰り返すタイプのMC。そのため、爆笑を生み出す反面、MCが前に出すぎて「クドい」という印象を与えることも多い。話術に長けるがゆえの「オレがオレが」なのだが、村上は「ひと言でサラッと落とす」だけに留めるシンプルな進行が目立つ。

ちなみに、何かと比較されがちなジャニーズ事務所の先輩・中居正広は、40代以上の芸人MCとほぼ同じ進行スタイル。中居と村上のMCは似ているようで全然違うのだ。これは見方を変えれば、「MCスタイルの異なる村上は、明石家さんまや浜田雅功ら芸人MCのパートナーになりやすい」ということ。実際、ブラックマヨネーズとタッグを組んだ『村上マヨネーズのツッコませて頂きます』(カンテレ)で見せるMCは見事で、40代芸人の小杉竜一と吉田敬は終始、楽しそうな姿を見せている。

○村上を悪く言うテレビマンはいない

フィナーレ直前の恒例企画「フジテレビ新人アナウンサー提供読み」でも、村上のツッコミがさく裂。「さあ、はじまるぞ」という瞬間、たけしが「(女子アナは)どうせ野球選手に抱かれ……」とボケはじめ、間髪入れず村上が「入らないの!」とツッコんだ。その呼吸は、まさにパーフェクトであり、番組冒頭からの進化は明白。わずか数日間の収録で、ここまで完璧に呼吸を合わせられる村上に驚いたテレビマンは多いだろう。

過去を振り返れば、村上は関西での活動が多かった時代から、共演者のスキルを着々と吸収していくタイプだった。各局のテレビマンや芸能記者に話を聞いても、村上のことを悪く言う人に会ったことがない。

それは視聴者も同じではないか。真面目さや謙虚さを感じさせる庶民感覚。庶民感覚があるゆえのいやらしさ。いやらしさを中和させるダサさ。これほど視聴者に心理的なハードルを感じさせない芸能人は珍しい。かつてはMCに威厳や格が求められていたが、村上は真逆のタイプなのだ。

『27時間テレビ』総合演出の竹内誠氏は「今回の放送が終わったら、各局で彼をメインにした企画を出すと思う」「村上信五の時代が来ますね」(連載「テレビ屋の声」より)と話していた。事実、今秋から『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系、毎週日曜21:58~)、グループとしても『ペコジャニ∞!』(TBS系、毎週月曜22:00~)がスタートするなど、35歳にしてこの経験値、このスキル。本当にけなすところがなく、死角は見当たらない。

のちに「2017年の『27時間テレビ』が村上信五のターニングポイントになった」と言われる日が来るだろう。

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2,000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス