最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

菅田将暉、10kg増量の過酷トレーニング映像公開 釜山国際映画祭に参加決定<あゝ、荒野>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【菅田将暉/モデルプレス=9月11日】俳優の菅田将暉と、韓国出身の俳優ヤン・イクチュンのW主演で、故寺山修司さんの長編小説を映画化する「あゝ、荒野」(10月7日前篇/10月21日後篇 二部作連続公開)のプロモーション特別映像が解禁された。

今作では、現代に訴えるキーワードを取り入れ再構築し映画化。2020年東京オリンピック後の近未来を舞台に、岸善幸監督が“人々の心”をせつなくも強烈な青春ストーリーとして鋭く描き出す。

◆魂を揺さぶる3分半



今回公開された映像では、階級を合わせるためにおこなわれたトレーニングに励む貴重なメイキングシーンや、菅田、ヤン、ユースケ・サンタマリアのインタビューなどが約3分半にまとめられている。

菅田とヤンはお互いの印象について「ヤン・イクチュンって、やっぱりあぶねぇな、と思いました。もちろんいい意味で!」、「(菅田さんは)本能的に演技をする、エネルギーを感じる」と振り返る。2人がボクシングを始めるきっかけを作り、傍らでいつも見守っていた掘口役を演じたユースケは「(この映画を)スポ根ものって受け取る人もいるけど、そうじゃなくて…、これはもう『あゝ、荒野』なんですよ」と熱く語っている姿は必見だ。

◆釜山国際映画祭に出品



そして、今作が第22回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門へ出品されることも決定。釜山国際映画祭(10月12日~10月21日まで)は名実ともにアジア最大級を誇り、岸監督は今作で初参加となる。

また、アジアの若手監督の才能を見つけ出し、アジア映画の成長をサポートすることに生涯を捧げていた釜山国際映画祭の創設メンバーであり、惜しくも今年急逝したキム・ジソク氏の名を冠せた「キム・ジソク特別賞」が今年から新設され、『あゝ、荒野』もノミネートされた。10月14日に公式上映、菅田、ヤン、岸監督の参加が予定されている。(modelpress編集部)

■菅田将暉コメント


岸監督、スタッフ、キャスト全員が命を削り、本気で挑んだこの作品が日本をはじめ、世界中の方々にもご覧頂けるという素晴らしい機会をいただき本当に嬉しく思っています。この熱量が多くの人に伝わるのではないかと今から楽しみです。

■ヤン・イクチュンコメント


この作品が、釜山国際映画祭に参加できるようになったこと、誠に嬉しく、そして誇らしく思います。私たちの映画、【あゝ荒野】は、日本だけでなく、全世界の観客にも十分共感できるものだと確信しています。

■岸善幸監督コメント


この作品を携え、菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんとともに、釜山映画祭に参加できることを嬉しく思います。5時間を超えるこの物語が、世界の観客の皆さんにどのように受けとめてもらえるのか、今からとても楽しみです。

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス