最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

菅田将暉&ヤン・イクチュン、W主演作『あゝ、荒野』釜山国際映画祭への出品に喜び 二人のトレーニング姿おさめた特別映像も解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菅田将暉とヤン・イクチュンがW主演を果たした映画『あゝ、荒野』が、韓国で開催される第22回釜山国際映画祭の“アジア映画の窓”部門に出品されることが決定した。

『あゝ、荒野』は1960年代後半に演劇、映画、文学で活躍した寺山修司が唯一遺した同名長編小説の映画化作品。2021年の新宿を舞台にボクシングへの挑戦で心の空白を埋めようとする二人の男の絆と、周りの人々との人間模様を描いた青春を、菅田将暉とヤン・イクチュンのW主演で描く。メガホンをとったのは、ドキュメンタリー番組『NONFIX』(フジテレビ系)などの構成・プロデューサーや門脇麦・菅田将暉出演の映画『二重生活』監督で知られる岸善幸氏。

釜山国際映画祭は、アジアの新人監督作品を中心に扱う国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の映画祭で、アジア最大級の規模を誇る。今年は10月12日から21日に開催され、エグゼクティブ・プログラマーを務め、惜しくも亡くなったキム・ジソク氏の名を冠した“キム・ジソク特別賞”が新設された。『あゝ、荒野』は、同賞にノミネートされている。岸監督は『あゝ、荒野』で同映画祭。同作の公式上映は10月14日を予定しており、菅田将暉、ヤン・イクチュン、岸監督が参加する予定だ。

映画祭出品を受けた菅田、ヤン、岸監督のコメントは以下のとおり。

菅田将暉


岸監督、スタッフ、キャスト全員が命を削り、本気で挑んだこの作品が日本をはじめ、世界中の方々にもご覧頂けるという素晴らしい機会をいただき本当に嬉しく思っています。この熱量が多くの人に伝わるのではないかと今から楽しみです。

ヤン・イクチュン


この作品が、釜山国際映画祭に参加できるようになったこと、誠に嬉しく、そして誇らしく思います。私たちの映画、【あゝ荒野】は、日本だけでなく、全世界の観客にも十分共感できるものだと確信しています。

岸善幸監督


この作品を携え、菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんとともに、釜山映画祭に参加できることを嬉しく思います。5 時間を超えるこの物語が、世界の観客の皆さんにどのように受けとめてもらえるのか、今からとても楽しみです。


また、同作の魅力を凝縮した特別映像も解禁されている。約3分半の映像には、菅田やヤンがトレーニングに励む姿などをとらえたメイキングの一部や、菅田、ヤン、ユースケ・サンタマリアのインタビューなどが収められている。菅田は、ヤンについて「ヤン・イクチュンって、やっぱりあぶねぇな、と思いました。もちろんいい意味で」と、ヤンは菅田について「本能的に演技をするのが上手。身体はスリムだけど中にエネルギーがある」とお互いを評している。また、劇中で二人の主人公がボクシングを始めるきっかけを作り見守る掘口役のユースケは「(この映画を)スポ根ものって受け取る人もいるけど、そうじゃなくて。これはもう『あゝ、荒野』なんですよ」と熱く語っている。

映画『あゝ、荒野』10月7日(土)前篇、10月21日(土)後篇全国順次公開。
作品情報 映画『あゝ、荒野』
出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン
木下あかり モロ師岡 高橋和也 今野杏南 山田裕貴
河井青葉 前原 滉 萩原利久 小林且弥 川口 覚 山本浩司 鈴木卓爾 山中崇
でんでん 木村多江 / ユースケ・サンタマリア
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦 岸善幸
音楽:岩代太郎
主題歌:BRAHMAN(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
制作・配給:スターサンズ
制作 プロダクション: テレビマンユニオン
レーティング:R15+
公式サイト:http://kouya-film.jp/
(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズニオン

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス