最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

使い方だけでこんなに変わる! ドライヤーの正しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツヤのある美しい髪のためには、バスタイム後にドライヤーで乾かすことが不可欠。正しい使い方ができていないと、髪にダメージを残してしまうことも……!?

そこで今回は、正しいドライヤーの使い方をご紹介していきましょう!

ドライヤーの正しい使い方

■ ■タオルドライは、擦らない

まずは、ドライヤー前のタオルドライから見直してみましょう。そもそも、髪が濡れたままだと、なぜダメかご存じですか? その理由のひとつが「雑菌」です。水分が多い状態だと、菌が繁殖しやすい環境になり、フケ、かゆみ、ニオイの原因になってしまうのです。

もうひとつ気になるのが「傷み」。水分を含んだ状態の髪は、キューティクル(毛髪の表面を覆っている部分)が、開いた状態になっているので、長時間放置していると、ツヤのないボサボサな状態になってしまうのです。

つまりヘアケアは、しっかり乾かすことが大切。タオルドライは、乾燥しやすいドライヤーの時間を短縮するのにも役立ちますので、しっかり丁寧に行いましょう。

注意したいのは、ゴシゴシと強く擦ってタオルドライをしないこと。吸水性の良いタオルで、髪の内側から根元を持ち上げるように、やさしく、しっかり水分を取っていきましょう。

ドライヤーが届きにくい、頭皮の水分を吸い取るように意識すると乾きやすいですよ!

■ ■風の向きは根元→毛先

ドライヤーは「風の向き」に注意して使うのが◎。なにげなくドライヤーの風をあてていると、髪の表面ばかりに風が当たってしまい、乾く部分が偏ってしまったり、乾燥不足の部分が残ったりしがちです。

ドライヤーの風は、根元や頭皮から当て、偏った場所に風を当て続けないよう、ドライヤーを左右にふりながら乾かしていきましょう。

頭頂部は腕を高く上げなければいけないため、特に、ドライヤーの風が偏りがちですので気をつけてくださいね。また、サイドの髪など、頭髪のかさばる部分は、髪の内側から手を入れて、下へ軽く引っ張りながら風をあてます。

頭皮付近を乾かす場合には、風量を調節したり、温風の温度を下げたりして、頭皮が乾燥しすぎないよう気をつけましょう。

■ ■冷風で仕上げる

ドライヤーの仕上げは、冷風で行うのが基本です。8~9割、髪が乾いてきたら、冷風に切り替えましょう。ドライヤーの最後を、冷風でしあげることで、必要な水分まで乾燥させてしまうことを防ぐことができます。

また、冷風で髪をきゅっと引き締めることができるので、補給した美容成分を閉じ込め、髪に必要な成分をしっかり吸収させることができますよ。

■ ■正しく使ってきれいな髪に!

毎日のことで、ついつい面倒になりがちですが、ドライヤーの使い方ひとつで、自分の魅力を最大限に引き出すことができます。

あなたも今日からドライヤーの使い方を意識して、男性が目を奪われるような、美しい髪を目指してくださいね!(富永ゆう/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス