最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「まだまだ現役」70年のキャリアを持つ89歳女性教師(英)<動画あり>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
教えることを天職とし、70年にわたり教職に就く“イギリスで最も高齢の教師”と言われる女性のニュースを『Mirror』『Express』『Inside Edition』などが伝えている。女性は今月末で90歳を迎えるが、「まだまだ現役で頑張るわ」と教えることに情熱を燃やしている。

ウェスト・ヨークシャー州リーズに暮らすアイリーン・ベイシャムさん(89歳)は、第二次世界大戦後の1947年、同州ブラッドフォードにあるファーフィールド小学校の教壇に立った。ロンドンのファーズダウン教員養成大学を卒業して2年後、20歳の時だった。

その後、同小学校で校長に就任し1992年に退職したアイリーンさんだったが、その1年後に孫の1人が通う小学校の校長から「先生として教室に戻って来ないか」とオファーされたという。

それからアイリーンさんは89歳になった今も、娘のスーザンさん(53歳)に送り迎えをしてもらい、毎週木曜日だけボランティアとしてPool Church Of England(プール・チャーチ・オブ・イングランド)小学校の5歳~7歳の児童がいるクラスで、子供たち一人一人に読み聞かせをしている。

戦後間もなくして長きにわたり教職に就いてきたアイリーンさんは、時代の変化を身をもって感じて来たのだろう。現在の学校教育のあり方と昔の違いをこのように語っている。

「私が教師になった時は、生徒たちを厳しく躾けるための道具として杖を渡されたの。でも私は子供たちを怖がらせたくなかったから使ったことがなかったわ。昔は1クラスに49人の児童がいたものだけど、今は30人が上限だし。厳しい時代が続いた時は給食なんてなかったし、当然携帯電話もなかった。アシスタントのスタッフや秘書なんていうのも学校には存在しなかったわ。」

10年前に夫ジョンさんを亡くし未亡人となったアイリーンさんは今月末に90歳を迎えるが、アルコールは家族とシェリー酒を嗜む程度、フルーツや野菜を中心とした食生活からか健康そのもので、家族もそんなアイリーンさんがいまだに現役教師として活躍することを特に驚いてはいないそうだ。90歳の誕生日には、アイリーンさんの昔の生徒や同僚らを招待して盛大なパーティーを行う予定とのことだ。

これまでアイリーンさんが教えてきた生徒は3,500人以上と言われている。時が経ち教育方針が変わっても教師としての熱意が冷めないアイリーンさんは、「学校に来ることをいつも楽しみにしているの。子供たちに本を読み聞かせてあげることが大好きだし、とても楽しそうに言語や世界について学んでいる子供たちを見るのが大好きだから。好きなことをできるって素晴らしいこと。私は毎日教師でいることを本当に楽しんで来たわ。今でも、いつまでも若い気持ちにさせてくれるこの仕事が大好きよ」と話している。

なお2016年には、米ニュージャージー州サマセット郡のある小学校で102歳でありながら現役の家庭科教師をしている女性のニュースが伝えられた。

画像は『Mirror 2017年9月8日付「Britain's oldest teacher still helping kids to read after 70 years」(Image:SWNS.com)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス