最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「RIDE ON TIME」から見る山下達郎の音楽の姿勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実は、このコーラスは従来あった曲を山下達郎流に見事にアレンジしているのだ。彼は、一流のミュージシャンであるが、その前に超一流のリスナーなのである。CDやLP、レコードを合わせるとなんと6万枚ほど音源を所有しているという。その数字を見るだけで音楽に造詣が深いと伺い知れる。また、山下達郎は洗練されていて都会的なイメージを持つシティ・ポップの先導者である。1980年に発表された「RIDE ON TIME」はシティ・ポップの始まりとさえ言われている。

山下達郎 「RIDE ON TIME」


この時代、人々はフォークからフュージョンやR&B、ジャズなどを取り込んだ都会的な音楽に耳を傾けるようになった。同曲は山下達郎の名を世間に知らしめた曲でもある。近年も素晴らしい楽曲を発表している山下達郎だが、この頃からすでに彼の音楽は完璧に近いものといえる。
音楽に限らず言えることであるが、完璧すぎるものというのはどこか近寄りがたい。それなのに、隙のない彼の音楽がなぜ聴衆に愛され続けるのか。今回は山下達郎の代表曲「RIDE ON TIME」から、人々を惹きつけてやまない理由を見ていこう。



山下達郎の楽曲の中でもRIDE ON TIMEは非常に疾走感があり、ピアノやドラムさえも跳ねている。これは、日本の音楽の礎ともなったフォークにはない感覚だ。

新しい道を切り開くためには、作り上げられたブームや文化に一石を投じなければならない。山下達郎は複雑で難しい人間の関係性を歌うフォークとは違い、疎外されていることを前提とした、それでいて輝かしい雰囲気を放つ同曲を作り上げた。
その雰囲気は「青い水平線をいま駆け抜けてく」といった歌詞からも十分に伝わる。



山下達郎の曲の心地よさは様々な条件が重なり合って、作られているものだが特にリズム感が秀逸だ。リズムに対して走らずによれずにベストなタイミングでボーカルを落とす。

その心地よさはプロのアーティストといえども中々だせない。彼はコンマ何秒の世界を熟知しているはずだ。どれだけのボーカリストの声を耳にしてきたか定かではないが、その圧倒的な量が山下達郎のグルーブを作ったはずだ。



日本の音楽を語る上で欠かせない山下達郎


日本の音楽を語る上で欠かせない山下達郎は、まず誰よりもリスナーであったのだ。彼の音楽は彼が耳にした音が元になっている。彼はあるインタビューで「どれだけ熱い気持ちを持っていようと音楽表現を続けていくなら、継続的な訓練と学習が必要」と発言をしている。

自分が耳にした音楽を訓練により自分のものにした。彼がその訓練と学習を徹底的にこなしてきたのも、音楽に対する愛がとんでもなく深かったためだろう。

完成された楽曲からその姿は想像できないが、楽曲制作では最後の1秒まであがき続けているという。そう、洗練された音楽の裏には、泥くさくて人間らしい気持ちがたっぷりと詰まっているのだ。


外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス