最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

岡村靖幸「忘れらんないよ」にのせて、待望の本予告映像解禁!萩本欽一の最初で最後のドキュメンタリー映画『We Love Television?』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


岡村靖幸が本作のために書き下ろした渾身の一曲「忘れらんないよ」


この度、TV 業界において、“視聴率 100%男”の異名をもつ萩本欽一の最初で最後のドキュメンタリー映画「We Love Television?」より、待望の本予告映像が解禁となり、合わせて主題歌情報も解禁となります。

現在のバラエティ番組の基盤を作りあげたパイオニアのひとり、萩本欽一。本作は、アナログ放送から地上デジタル放送への切り替え期である2011年より萩本欽一の新番組制作に密着したドキュメンタリー。
この映画は、本作の監督・土屋敏男の「30%番組を作りましょうよ。」という突然の訪問から始まる。監督は新番組企画の発起人であり、「電波少年」シリーズなど数々の人気番組を手がけ、バラエティ界を席捲したあの“Tプロデューサー”。

解禁された映像には、萩本欽一の番組作りへの飽くなき執念と狂気が映し出される。お茶の間を楽しませる愛称“欽ちゃん”の姿とは全く違う、真剣なまなざしは、モノを創りだす者の情熱に溢れている。今回解禁された本予告編には、本作に出演した構成作家 高須光聖、チームラボ代表の猪子寿之の姿ほか、番組に出演した和田彩花(アンジュルム)、稲葉友の姿が初解禁されている。

また本作の主題歌に起用されたのは、この度シングルとして発売も決定した、岡村靖幸が本作のために書き下ろした渾身の一曲「忘れらんないよ」。映像の後半では、この曲にのせ、萩本欽一の熱量が伝播した人たちの姿が映し出されてゆく。TV 業界に関わる人たちだけでなく、仕事をする全ての人の心に響くメッセージがここにはある。萩本欽一が番組づくりという<仕事>を通して発するメッセージとは何なのか?

映像の最後に「この映像を僕が亡くなった日に放送してくれ。」という言葉が流れる。
TV の視聴率とは?視聴者が求めるものが何なのか?この言葉は、TV を知り尽くした萩本欽一だからこそのメッセージではないだろうか?
更に本情報解禁に伴い、主題歌を担当した岡村靖幸、土屋敏男監督からコメントも届きました。
是非、本情報を解禁素材&コメントとともにニュースとしてお取り上げいただけますよう、宜しくお願い申し上げます。


岡村靖幸


暖かいご飯と家族の団欒の場所に必ず欽ちゃんがいた。その頃、王、長島のように圧倒的なヒーローだった欽ちゃん。
ネットもビデオないあの時代。どれだけテレビに救われたのだろう?

土屋敏男監督


本当は岡村さんのこれまで出しているアルバムの中の既成曲を使わせて欲しいとお願いに行ったんです。
それでまだ荒編状態の映像をお預けしたら何と!書き下ろしたい!!!という身に余る光栄な話をいただいて書いていただいたのがこの主題歌「忘れらんないよ」です。
今までテレビをたくさん作って来て、その中にたくさん音楽を使って来たので初監督の映画は一曲だけを最後に使いたい。
その音楽自体の強さを最後にぶつけたいと思っていたので最高の曲を岡村さんに作ってもらえたと思っています。

Youtube
※現在限定公開中
主題歌・岡村靖幸「忘れらんないよ」にのせて、待望の本予告映像、解禁!!

【Story】ある突然、屋敏男がカメラを抱えて萩本欽の宅に訪れる。「視聴率30%超えの番組を作りましょう。」そのから、萩本欽と屋敏男の番組作りが始まる。番組に出演する演者との顔合わせ、番組構成に関わる達との打ち合わせなどを精的にこなす萩本欽は、76 歳。

新しいものへの探求、笑いへの追求…周囲の達の熱量を最限に引き出していく萩本欽独の法とはこれまで誰もたことのない萩本欽の真の姿を追った、最初で最後のドキュメンタリー映画。

出演:萩本欽一 / 田中美佐子、河本準一 企画・構成・監督:土屋敏男(つちや・としお) 配給:日活
2017 日本テレビ放送網 / 上映時間:110 分 / 公式サイト:http://kinchan-movie.com/


外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス