最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『27時間テレビ』一部から高評価 「しっかり見られた」「日テレより良かった」の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(gpetric/iStock/Thinkstock)

9~10日にかけて放送された『27時間テレビ』(フジテレビ系)。例年とは違い収録中心であることに、放送前から直後にかけて賛否両論の声が相次いでいた。

しかし、放送が終わってみると、「思ったよりおもしろかった」といった声もあがっている。

■リニューアルに非難の声が


これまでの同番組といえば、ライバル番組の『24時間テレビ』(日本テレビ系)よりもバラエティ要素をふんだんに盛り込み、生ならではのハプニングのハラハラ感を楽しめるつくりになっていた。

しかし、ことしは放送内容を一変。深夜の要である「さんま・中居の今夜は眠れない」が放送されないことや、収録中心の放送内容であることに非難の声があがっていた。さらに内容が「日本の歴史」という教養バラエティであることも批判の的になっていた。

そのため「27時間でやる必要ある?」「見る気がしない」との声がネット上であがっていた。

■「しっかり番組を見られる」の声


バラエティ要素が減り、ハプニングもないことから退屈の声があがる一方、「しっかり番組を見られる」「これでこれはおもしろい」という声も。

お笑い芸人・バカリズム(41)が脚本のドラマは、バカリズムならではの視点で描いたコミカルな内容が評判を集めた。また、『ワンピース』『ドラゴンボール』などの同局おなじみのアニメとのコラボや、惜しまれながら放送終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が復活し、大きな話題に。

ツイッターなどで大きなトレンドにはならなかったものの、一部からは高評価の声が数多く寄せられていた。また、「録画でもう一回見たい」「初めてまともに『27時間テレビ』を見た」といった声も。

■ネット民からは高評価の声


これまでの悪ふざけノリだった内容から一変、各番組とコラボしたフジテレビならではのコンテンツに絶賛の声があがっている。また、『24時間テレビ』と比較する声も。








■8割は「期待していない」


しらべぇ編集部がツイッターユーザー1,004名に、今年の『27時間テレビ』の期待度について調査したところ、8割近くは「期待していない」と回答。


事前の放送ラインナップを見て「つまらなそう」「がっかり」との声もあがっていたが、フタを開けてみると面白かったという人も少なくなかっただろう。

未だ賛否両論相次ぐ放送ではあったが、しっかりとつくりこまれた放送をする、という新たな方法をフジテレビは手に入れたと言っていいだろう。

・合わせて読みたい→収録中心の『27時間テレビ』に批判殺到 「さんま中居のコーナーを返して」の声も

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)
【調査概要】
方法:Twitter調査
調査期間:2017年9月9日~10日
対象:Twitterユーザー男女1,004名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス