最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

KAN/Do As Infinity/hitomiら出演、日本最古の博物館で屋外音楽フェス開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年9月9日、開館145年を誇る日本最古の博物館『東京国立博物館』にて、初の屋外音楽フェスとなる【東京国立博物館 nukumori MOON LIVE2017】が開催された。

今回で8回目の開催となる同イベントは、音楽を通じて“小さな命”を守り続ける音楽チャリティイベント。毎回チケット売上の一部とグッズ売上を、犬猫シェルターに犬猫のワクチン代として寄付している。

出演アーティストはKAN、ZYUN.、Do As Infinity、hitomiの4組に加え、オープニングアクトに戸渡陽太、メインMCにはラジオDJのdjmapi 松本ともこ、メイクアップアーティストのピカ子が登場した。

オープニングアクトを務めたのはは戸渡陽太。陽が傾きはじめた頃、イベントの幕開けとともに登場すると、弾き語りで3曲を披露。アコースティックギターの音色と力強い歌声が東京国立博物館に響いた。戸渡陽太を送り出すと、『東京国立博物館』副館長の井上洋一氏が同館のオフィシャルキャラクター“トーハクくん”と“ゆりの木ちゃん”とともに登場。挨拶では「ゆるキャラグランプリでの投票をお願いします!」と、きっちりキャラクターのPRも行った。

ライブアクト2番手にはDo As Infinity。伴 都美子はモノトーンの花柄のワンピース姿で登場。ペットを飼っているというメンバーの2人。ギターの大渡 亮が、「飼っていたクワガタが逃げて、その(飼っていた)土からからカナブンが産まれたんです」と途中笑いを誘いつつも、伴 都美子は「ペットと暮らす環境を考えていきたい」と語った。東京国立博物館でのライブに合った曲を選んできたという計5曲を披露した。

陽が落ちてライトアップされた博物館を背に、白のフレアワンピース姿で登場したのはhitomi。「(みなさんとの)距離を縮めていっていいですか?」と語りかけ、最新配信シングル「夢運んだランドセル」を観客の手拍子とともに歌い上げた。会場のテンションを高めた後は「SAMURAI DRIVE」「LOVE 2000」と代表曲を続けて披露。計5曲のパフォーマンスで大いに盛り上げた。

続いては、ファンにとってはお馴染み“赤い西洋貴族風のスーツ”に、約1mの白い翼2枚を背負った特徴的な衣装でKANが登場。歓声が湧く中「(自分が)子供の頃は皆こういった格好だったんです」と会場を笑わせた。手拍子のタイミングをレクチャーしながらピアノを弾き語りするスタイルや、モノマネを織り交ぜながらのステージ、代表曲「愛は勝つ」の披露など、圧巻のパフォーマンスで終始会場は大盛り上がりとなった。

トリを務めたのは、nukumori2回目の出演となるZYUN.。初披露となったカバー曲「ZOO」を含む、計5曲を熱唱。最後の楽曲「かげおくり」では観客が一斉に両手を挙げ、会場が一体化。堂々のステージを披露した。エンディングではアーティスト、MC含め8名がステージに再登場し、集まった2000人のオーディエンスをバックに記念撮影が行われ、約3時間に渡るライブの幕が閉じた。

◎イベント情報
【東京国立博物館 nukumori MOON LIVE2017】
2017年9月9日(土)
東京・東京国立博物館 本館 特設ステージ(東京都台東区上野公園13-9)
出演:KAN、ZYUN.、Do As Infinity、hitomi ※50音読み順
オープニングアクト:戸渡陽太
MC:djmapi 松本ともこ、ピカ子


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス