最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

男友達を大事にするのはほどほどに。いつか彼らは去っていく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男友達って、大事ですよね。なんでも聞けるし、相談に乗ってくれるし。

確かに心強い存在であり、よき仲間です。一生仲良くしていきたいですが、一生というわけにはいかないことが多いです。
なぜでしょうか。今回は、その理由と男友達について、考えていきたいと思います。

男友達を大事にするのはほどほどに

■ 大切な男友達

女性は男友達をめちゃくちゃ大切にします。
自分のことを分かってくれている。しかも多少の女扱いがある、ちやほやされてはいないけれど、それに近いものがある。甘えられる……。
それらを全部ひっくるめて“友情”と女性は呼びます。呼びたいです。

でも、彼ができたら、もういいのでは?

■ 彼氏と友達どっちも欲しい!

どこかで見たのですが、こういった状態を「ステキな三角関係」と呼ぶそうです。あなただけが楽しい関係。でも、彼ができたのなら、欲張りかもしれませんね。「これからは彼に甘えて」と男友達も思っていることでしょう。

もしかしたら中には「彼氏と別れたら、今度は自分の番だ」と思う男友達もいるかもしれませんが、そこまで気の長い人はいないです。

■ “結婚”で疎遠に

男友達を大事にするのはほどほどに

一生、よい友達でいることはできます。でも、どちらかが結婚したらどうでしょう。配偶者に遠慮するのが普通です。当人は「友達だから大丈夫」と思っていても、やはり配偶者は心配します。

となると、“どちらかの結婚で疎遠になる”可能性は高いです。男友達が配慮のある人なら、一定の距離を置くでしょう。これは、結婚でなくても、恋人ができた時点でも同じです。

■ 配慮ある人とは

恋人の異性の友達、という存在は誰でも気に入らないもの。自分より深く知っているし、知らないことも知っていて面白くないからです。

配慮のある人は「自分がされて嫌なことは他人にもしない」考えで、余計なストレスを他人に与えないようにしています。疎遠=友達に配慮があると言うこと。「関係ないよ、俺たち友達だもんな」という男よりずっと、節度を持っている常識人です。
そして「彼氏持ちの女と遊ぶ暇があったら、恋人を探す」と思っています。

■ 意外なパターン

男友達はいずれ去っていく

意外なパターンの場合も。本当はあなたのことが好きで、虎視眈々と狙っているケースです。その場合も彼ができたり、結婚したら疎遠に。
もう、チャンスはないからです。
手に入ることのない女に対しそうそうボランティア精神に長けている男もいないでしょうね。

とはいっても、中には本物の友情はあります。そんな男友達は厳しいことが多く、ズバズバと指摘してくれるような人。恋に似た雰囲気はなく、女扱いもないですが、このような男友達ほど大事にしたいものです。

しかし、大事にするのはほどほどに。彼らは“男”ですから、いつか去っていきます。

自然と遠ざかっていっても真の友人であれば復活します。

もしまたフリーに戻ったときは、連絡してみて。本当の友情があれば、また仲良くできるでしょう。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス