最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

歌舞伎町のキャバクラ嬢・あいかりん、枕営業の実態を暴露「お金が基準」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

9月7日放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に、歌舞伎町のカリスマキャバクラ嬢の愛沢えみりあいかりんが登場し、キャバクラ店の天井知らずの給料事情から枕営業の実態まで赤裸々に語った。

あいかりん、枕営業するかは顔ではなくお金が基準


MCの次長課長河本準一が「まず、(キャバクラ嬢の)給料形態が分からない」と素朴な疑問投げかけた。

これに対し愛沢えみりは「歩合制で、売り上げがなかったらゼロです」と答え、「最初に自分で歩合と決めて、私の場合は売り上げの65%を頂いてました」と告白。

河本が「なかなかとりますね」と感心したところで、1日のMAX売り上げの話に移り、愛沢は「1日最高で2800万」と暴露。

65%の歩合制なので愛沢の取り分は1820万円ということになる。これには河本も思わず「(MAX売り上げ)2800万!?」と聞き返し、MCの華原朋美は咳き込んでいた。

次に登場したあいかりんには、河本が「(キャバクラ嬢は)枕営業をしているというパターンでいいですか?」と聞くと、あいかりんはあっさり「はい、それなりの人が『いたらします』」と肯定し、笑いが起こった。

そして「水商売長くやってて、NO.1とって枕営業してないというのは絶対ウソです」とキャバクラ嬢の真相を語る。

さらに河本が「枕営業したら、お客さん離れないの?」と聞くと、あいかりんは「さようならされるか、おかわりされるかはその人次第」と答え、河本は「そんな俺、吉野家感覚でしゃべってない。パパパッとかっ食らうみたいな」と、たとえツッコミをして笑いがおこった。

さらに河本が「店に会いにいけばみんなに枕営業するの?」と聞くと「みんなじゃない。こっちにも選ぶ権利がある。全然見た目は関係なくて、お金が基準です。3桁(100万円以上)お店で使ってくれれば...」とあいかりんが正直に答えると、スタジオは爆笑の渦となった。


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス