最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ジャニーズのアイドルグループ『忍者』の元リーダー・柳沢超、忍者は「自然消滅」と告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

9月7日放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に、ジャニーズのアイドルグループ『忍者』の元リーダー柳沢超が登場し、デビューから超不遇続きでグループが自然消滅していたことを告白した。

柳沢、デビュー時の境遇を嘆く


1990年にジャニーズから演歌部門という形でデビューした忍者。元リーダーの柳沢は「僕らの前が社会現象が起きた光GENJI、僕らの後がSMAPなんですよ。もう超不遇ですよね」とデビュー時の境遇を嘆いた。

グループ名については「当時、先輩方がシブがき隊少年隊、光GENJIって漢字だったじゃないですか。僕ら少年隊のバックダンサーをやってたのでバック転とか…」と漢字+アクロバットが得意ということで忍者に決まったという。

柳沢は「そしたら次SMAPって…そこからずっと横文字になっちゃって…ほんと僕ら不遇ですよね」と愚痴った。

デビュー曲が『お祭り忍者』という美空ひばりの名曲『お祭りマンボ』のリメイク版だったため、大ヒット間違いなしかと思いきや「大変だったんですよ」と柳沢。

続けて「美空ひばりさんが亡くなられて一周忌が過ぎたくらいにデビューだったんですよ。さすがにひばりさんのファンから相当叩かれました」と明かした。

ネプチューン名倉潤は「味方についてくれるはずのお客が離れて行ってもうたんだ」と事情を察した。

さらに柳沢は「僕らの時代、歌番組がなくなってくる時代なんですよ。これも不遇なんですよ」と訴え、『ザ・ベストテン』や『歌のトップテン』といった歌番組が終了していたと説明。

「僕らデビューした時に『夜のヒットスタジオ』1回だけ出て、その後2週目に終わってますから。『ミュージックステーション』だけです」と柳沢がいうと、名倉は「これ忍者大変やわ」と同情した。

音楽番組が激減し、徐々に活躍の場を失った忍者。ジャニーズ事務所を辞めた経緯について柳沢は「仕事が減っていって、いつの間にか解散するとも言わずに」自然消滅したという。

最後に「僕だってどこまで忍者の期間かって聞かれても答えられない」と語った。


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス