最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ビートたけし、破天荒人生で4回臨時ニュースに 5回目を予告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 弱肉強食の芸能界で生き残っていくのは至難の業。芸能界の第一線で活躍する先輩芸能人が講師となり、その生き残り術を次世代に教える番組AbemaTV(アベマTV)『芸能義塾大学』9月7日放送回には、結成30年を迎えた漫才コンビ・浅草キッドの水道橋博士が出演し、生き残り術を徹底解説した。

 “生徒”は、ギャルのカリスマ・今井華、グラビア、女優と活躍の幅を広げる都丸紗也華、可愛すぎるビールの売り子でJDモデル・ほのか、「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)準レギュラーの座を獲得している入矢麻衣、バラエティタレントの山地まり。

水道橋博士は、生き残るための一つのヒントとして、自身の師匠であるビートたけしの偉大さを分析。スキャンダルまみれなのにもかかわらず、30年以上も第一線に立ち続けるたけしの凄さとは?

日本で一番、臨時ニュースになった芸能人
「テレビ番組が『臨時ニュースです』って伝えるのは、かなり世間を揺るがすようなときにしかならない。たけしさんはフライデー襲撃事件、バイク事故、『HANA-BI』のヴェネツィア国際映画祭での金獅子賞、『座頭市』が日本アカデミー賞優秀作品賞と4回臨時ニュースになっている。ただ、本人は『もう一回あるからな』と。『5回目があるときは、訃報』だというんです。話にすること自体、(芸能の世界では)死とたわむれる表現ほどエロティックということなんです」(水道橋博士、以下「」内同)

芸能界が怖がっているマスコミに物怖じしない
「今いちばんテレビ界で命取りになるのは、不倫。宮迫くんをもってしても(オフホワイト発言をするなど)あそこまでしか対応できなかった。開き直って生きていけない。

僕の持論では、不倫はなんの問題もない。妻、子供に対して説明はしなくてはいけないが個人的な問題で、違法性だってない。

芸能界にいる人は疑似恋愛とか、いわば恋愛をみせる仕事でもある。通常毎日(普通に)働いている人が、(芸能作品をみて)憧れて色恋に生きたりする。(視聴者や観客は)そういう破天荒さに憧れてテレビや映画をみているのが基本です。文学もそうです。物語にあこがれて気持ちをのせていく。不倫を叩くのはただの嫉妬心ですよ。

ちなみにたけしさんは、『なんで俺のところにマスコミ取材こないの? 俺なんか不倫40年やってるんだぞ』って。“おねえちゃんと…”っていう話は、ぜんぶ不倫の話ですからね。過去リポーターから直撃された時は、ずっと放送禁止用語で返す(という技を使いました)。放送禁止用語を連発すると、ワイドショーでも全部その部分は『ピー』ってなってるから、結局何を言っているのかわからない。放送してみろよ、と。そしてその後、その顛末を自分がパーソナリティを務めるラジオで笑い飛ばす」

(c)AbemaTV


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス