最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

上原多香子に今井絵理子、上西小百合も…”魔の1983年度生まれ”の現状は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元SPEEDの上原多香子(34)の夫で、自死したヒップホップミュージシャンのTENNさん(享年35)の4年目の命日が9月25日に近づいてきた。

その死が、上原の不倫に原因があったとして、上原は大炎上。更新停止中の上原のTwitterには避難が殺到し、現在の恋人と言われている演出家のコウカズヤ氏(40)にも飛び火しつつある勢いだ。

「上原は無期限の活動休止を発表しました。制作側もスポンサーも手を出さないでしょうから、実質的には芸能界追放とみてもいい。奇妙なことに、上原とベッキー(33)、今井絵理子(33)、小出恵介(33)など昨今の大きなスキャンダル芸能人は、みな1983年度生まれの同級生なのです。ベッキーは露出は増えたものの収入は激減。今井は議員を続けられるか不明。小出は謹慎中です。Twitter炎上中の上西小百合議員(34)、STAP細胞の小保方晴子(33)など、1983年度生まれは〝お騒がせ有名人〟が多いのが特徴ですね」(芸能記者)

■魔の1983年度生まれ有名人の現状

またお騒がせという訳ではないが、芸能界では1983年生まれ芸能人が数多く活躍している。それぞれの〝現在地〟はこうだ。

「先日、二股が発覚した松本潤(34)はジャニーズゆえか影響なく活躍しています。水川あさみ(34)も1983年組で、ドラマで競演したブルゾンちえみ(27)と楽しそうに遊ぶなど充実した日々を送っている。山田孝之(33)は俳優として絶好調なうえ、先日はベンチャー企業の取締役に就任。ゆうこりんこと小倉優子(33)はバツイチになったものの、抜群の料理の腕で主婦層に支持されています。市井紗耶香(33)も再婚して4人目が産まれて幸せそうですね。そして、大股開きの写真で一時期干された香里奈(33)は、主演ドラマが発表され、徐々に人気を回復する途上です。一般人だと容姿の劣化が顕著になる30代前半の年頃に、輝き続ける芸能人は、やはり別格の存在。キャラクターが際立っている世代だからこそ、多くの有名人が生き残っているのかもしれないですね」(芸能記者)

次はどの1983年度生まれが話題をさらうのか。できれば良い方の話題で注目を集めてもらいたいものだ。
文・海保真一(かいほ・しんいち)
※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

外部リンク(デイリーニュースオンライン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス