最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

天才とサイコパスは紙一重? “じゃないほう芸人”道をひた走るバイきんぐ・西村の変人ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アウトレイジ 最終章』が10月7日より公開される。これは個人的推測だが、もしもツービートが今デビューしていたならば、たけしのみならず、ビートきよしも売れていたのでは? という気がする。

“じゃないほう芸人”という呼び名はいまやおなじみだが、お笑いの楽しみ方は昔と様変わりした。幅広い視野で芸人の個性を愛好する懐の深さが、視聴者の側に備わった。それはすなわち、芸人の生きる道が多様化したということだろう。

■犯罪スレスレに趣味のキャンプを楽しみ、「捕まってもいい」と豪語

現在、さまざまな“じゃないほう芸人”がテレビ界で重用されている。どこが“じゃないほう”だよ! という気もしてしまうが、突出した個性を見過ごすことのない現代のウォッチャーのソツのなさには、素直に称賛を送りたい。

では、当代“じゃないほう芸人”の筆頭といえば誰だろうか? トレンディエンジェルのたかしも捨てがたいが、やはりバイきんぐの西村瑞樹の爆発力には舌を巻く。ここ最近でも、“じゃないほう”のはずなのに、西村がピンでテレビ出演する機会を何度か目撃している。

まず、8月27日放送の『ABChanZoo』(テレビ東京系)。ジャニーズのアイドルグループA.B.C-Zに“超上級者キャンプ術”を伝授すべく、講師役として西村が起用されたのだ。「芸能界No.1キャンプ通」の呼び声も高い西村は、自身のキャンプ満喫法をメンバーに説明する。彼は、沖縄本島の一番北側にある無人島で、たった一人でキャンプに臨むことがあるらしい。その際、開放感を味わうために、なんと全裸で生活するという。

「無人島といえば、全裸でしょ!」

まったく意味のわからないことを豪語する西村だが、その島では地元の子どもたちがキャンプすることもあるそうだ。正直、危険なシチュエーションだが、西村は不可解な強気で「捕まってもいいと思ってます」と断言! なぜ、そこまでリスクを冒してキャンプをするのか? 共感できない熱量だ。

しかし、なんだかんだでキャンプは楽しい。特に料理はハイライトだ。しかし、西村は「バーモントカレー」のルーを持参し「裏の説明書通りに作るとメチャクチャうまいんですよ!」と、凡庸なクッキングを実践しようとする。これにはA.B.C-Zメンバーからブーイングが巻き起こるが、当然だ。あまりにも、テレビ的ではない。

そんな彼らの前に現れたのは、バーベキュー世界大会のキッズ部門で優勝した10歳の女の子。彼女は大会でハンバーガーを作り、そのクオリティが評価されて優勝した天才少女である。

すると、西村は女の子に対し「モスバーガーで買ったほうが早いよね」とうかつなことを口にし、場をザワザワさせてしまった。いやはや、すごい男である。

■美女たちと温泉を満喫しながら動じない西村

9月6日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)にも西村はピンで出演。この日は、「禁断の欲望を叶えて幸せに! 欲望スペシャル」と題した特別編。「魚のおいしい部分だけを食べまくる」「超さわり心地のいいモフモフ動物をなでまくる」といった“禁断の欲望”を満たすVTRの数々が紹介されている。

中でも注目は、「『秘湯ロマン』に混ざりたい!」という欲望VTRだ。毎回異なる女優が登場し、温泉宿を堪能する『秘湯ロマン』はテレビ朝日で19年続く長寿旅番組だが、ここになぜか西村も混じり、女優と共に温泉に浸かるVTRが放送されたのだ。

艶っぽい女性がお湯を満喫する背後で、ガタイはいいけど髪の薄い男がまったりしている。大して自己主張するわけでもなく、ただ湯に浸かるのみ。時には3人の女優に囲まれ、欲情せずナチュラルに談笑しながら温泉を楽しむだけの西村。一種、異様な光景である。

だが、この“笑い”は西村の存在感ありきという気がする。もしこの温泉にトレエンのたかしがいたら、いやらしさが先行してしまうだろう。チュートリアルの福田充徳だったら、もはや面白くともなんともない。

しかし西村だと、なぜかいい方向に際立つ。彼の存在は、どこか現実味がないのだ。バラエティの現場にいながら心ここにあらずな感情が、奇跡的に功を奏している。

■自分のTシャツを他人が着ていても、まったく気づかない

同じく6日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にも、西村は相方の小峠英二と共にコンビで出演。この時の彼も変だった。

「自分の私物を他人が身に付けてても意外と気付かない説」が、この時の検証企画。その内容だが、まず2人の前に両者の私物Tシャツを着用した素人が登場する。続いて、2人が通りすがった夜道の祠に、西村の愛用する広島カープのロゴ入り手帳が祀られているのを発見。しかし西村は、いつまでたっても自分の私物に気がつかない。相方の小峠は、すぐに察しているのに……。

検証VTR内で“何も感じない男”と断じられた西村であったが、これを見た松本人志は西村のことを「サイコパスですよね」と吐き捨てた。よく考えると、これはすごいんじゃないか? なにしろ、「天才」と「サイコパス」は紙一重だ。

お笑い界の“天才”と自他共に認める松本から「サイコパス」だと認められた西村。類いまれなる才能の持ち主だ。まぎれもなく、“じゃないほう芸人”のトップランナーである。(文=寺西ジャジューカ)

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス