最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

マツコ&有吉、魚の1番美味しい所に納得できず開き直り!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
9月6日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、マツコ・デラックス有吉弘行が、魚の1番美味しい所だけをちょっとずつ食べるという欲望スペシャル企画を見ながら、通が好む部位の話題で盛り上がった。

有吉&マツコ「我々は通じゃないからね」と開き直る


六本木の名店『さかなや富ちゃん』協力のもと、魚の1番美味しい所だけを食べるという贅沢な企画が進められた。

1品目はこの日1匹約6万円もした本マグロ。末富宏大将が頭(かしら)の方からさばいていくと、有吉はトロといった身より頭が選ばれることに納得がいかない様子。マツコも「私もアレわかんない。目の裏とかね」と共感していた。

しかし、大将曰く、希少部位の脳天(ハチ)は、赤身のコクとトロの甘味が一緒に味わえる逸品だとか。脳天の刺身を実食したディレクターも「とろける!甘い!」と大絶賛。

2品目のとらふぐは、フグ通がウマいと絶賛するカエルと呼ばれる顎(カマ)の部分。カエルの唐揚げに一口かぶり付いたディレクターが「うわ!うめぇ!」と驚くと、有吉は「ポン酢で食べると美味いのにバカだなー」とニヤリ。

3品目のマコガレイは「エンガワが一番ウマい」と大将。オススメの食べ方として「エンガワの肝和え」が紹介されると、有吉は「おれ、肝ない方がいい」と反論。

4品目の金目鯛では、腹身が香ばしく焼き上げられていく映像にみな「これはウマそう」と釘付け。しかし5品目のカマスで皮の炙りが紹介されると、マツコは「ダメだわ~皮系は」と拒絶した。

6品目に酒と醤油で30分蒸した鯛の頭を出した大将が「特にウマいのは目」と紹介。するとマツコは「目ダメだわ~1番ムリ」と悶絶した。

7品目は幻の魚クエの頭を醤油やみりんで2時間煮付けたカブト煮。「クチビルがウマい」と言う大将だが、有吉は「ゼラチンが好きだっていうのが分からない」とコメントした。

VTR終了後、魚の1番美味しい所で欲望が満たされなかった有吉は「我々は通じゃないからね」と自虐。苦手な部位があったマツコも「そうそう、私たち軟弱者だもん」と開き直りスタジオを沸かせていた。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス