最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

SixTONES&Snow Man、ジャニーズ伝統舞台『少年たち』で戦争の悲劇伝える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台『少年たち~Born TOMORROW~』の公開ゲネプロが7日、東京・日生劇場で行われ、ジャニーズJr.のユニット・SixTONESのジェシー、高地優吾、京本大我、松村北斗、森本慎太郎、田中樹、Snow Manの岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平が取材に応じた。

同作は1965年から上演されていた”少年たち”シリーズを、大阪松竹座と日生劇場で2010年に復活。以来Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTなどが出演し、若手の登竜門となっている。SixTONES、Snow Manは2015年より3年連続の出演となり、初代ジャニーズ結成メンバー・あおい輝彦も声で登場。東京公演の後、LIVE形式の『少年たち LIVE』として愛知、兵庫、和歌山、広島公演、さらに大阪松竹座での公演も控えている。

刑務所を舞台に、様々な過去を持った少年たちが2つの房に収監され対立していたが、音楽を通じて気持ちを通じあわせていく。しかし少年の一人が突然徴兵されることになり、刑務所を出てそれぞれ夢と現実の差にもがく少年たちも、戦争の実態を目の当たりにする。

少年たちの葛藤、アクロバットや行進など様々なパフォーマンスに加え、風呂場という設定で露出度の高さが話題となっている”桶ダンス”も見どころ。戦争の悲劇、思想コントロールの恐ろしさを訴え、戦後の音楽や銀座の様子についても紹介していく。

ジェシーが「(最年少の森本)慎太郎も成人になって、『大人たち』みたいな。あえて少年たちになりきって今やってます」と紹介。話題の”桶ダンス”について、レポーターから「実はアキラ100%より早かった」と指摘されると、ジェシーは「こっちは(12人で)1200%ですよ」と小声で主張していた。

作品の変化について、田中は「戦争色が強くなりましたね。個人個人で結構勉強を」と明かす。佐久間が「笠置シヅ子さんとか、渡辺晋さんとか、日本を代表する偉人の方々の歴史を知れてうれしかったです」と振り返ると、高地も「(社長の)ジャニーさんから直々に戦争の時の話を聞いて、自分たちで台本に書いたりとか。そういう会が行われて、いい機会でした」としみじみ。阿部も「よりジャニーさんが伝えたいものを舞台にしました」と、今作について語った。

また、Snow Manの新曲は岩本が振り付けと構成を行ったという。SHOW TIMEで披露された「VI Guys Snow Man」について、岩本は手話で"Snow"を表したと明かし、「タイトルにSnow Manとついたので、自分たちでできれば」と思いを表し、6人で該当部分の振り付けを披露した。また劇中の「Vanishing Over」については踊りを封印し、ステージを広く使うことを目指したという。

一方、SixTONESは、SHOW TIMEの「JAPONICA STYLE」で、「日本の言葉とか、独特な言葉を入れて日本らしさを表した」(田中)と語る。田中は「オリンピックも近いですから、日本の文化を伝えられたら」と意図を明かし、ジェシーは「扇子を持ってセンスがいい」とジョークを飛ばした。

劇中でしっとりと聴かせた「Beautiful Life」は松村が「今までバラードがなかったですが、歌を得意としてる2人がいるので」と紹介し、京本は「実際はフルサイズであるので、いつか披露できるように」と希望を語る。また京本は髪の色を黒くしたことを指摘されると、「今までいろんな舞台のために金髪でやっていたけど、新入りということで自分で判断して染めました」と理由を説明した。

最後に、田中は戦争のシーンについて「普段、知ろうとしなきゃ知れないことを、同じ時代に生きてる人に伝えるために、ステージ上で伝えている」と語る。ジェシーも「『戦争って本当にこうなのかな』と考えながら毎年やらせていただいてる。皆様も感じていただけたら」と観客に対して真摯にメッセージを送った。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス