最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ウチの夫―」出演中の壇蜜、働く殿方へエール「仕事ができない人はいない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9月9日(土)に「ウチの夫は仕事ができない」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)のセミファイナルとなる第9話が放送される。

物語の主人公・司(錦戸亮)の上司・黒川晶役の壇蜜が、「週刊ザテレビジョン」のロングインタビューに応じた。

■ 母親、友人から「夫婦の関係を見直せる良いドラマ」と好評!

代名詞とも言えるセクシーを封印し、男勝りなキャリアウーマンという役どころに臨んだ本作。壇蜜の周りでは、ドラマを楽しみにしているのはファンだけでなく、壇蜜が「ヘビーウォッチャー」と太鼓判を押す壇蜜の母親、プールに一緒に通う仲間などたくさんいるという。

「(司の)奥さんの沙也加(松岡茉優)が妊娠中で大変なんだけど、『夫婦で支え合うっていう姿をもう一回見直せる』ところが幅広い世代から良いと言ってもらっています。近頃は『主人は○○をやってくれない、▲▲もやってくれない』と殺伐としがちですけど、そういうふうに言ってしまいがちな状況にブレーキをかけるようなドラマだと言ってもらっているんです。すごくうれしいです」と明かす。

■ 男性社会で苦悩する役柄との共通点は?

黒川のキャラクターと自身には共通点があると言い、「『仕事をしていないと自分じゃないような気がする』という感覚にとらわれている性分は似ていると思います。女性が思う“幸せ”とか“サクセス”って人によって大きく違っていて、お金があればいいとか、愛されていればいいとか、お金も愛も全部欲しいとか、みんな違うと思うんですよ。その中で、彼女は仕事をちゃんとやって、男社会で頑張ることを優先していますよね」と語る。

続けて「だけど、ふとした時に女性だからと後回しにされたり、どうしても先入観で敬遠されちゃったりして、そんな状況を半分諦めて半分諦めていないみたいな、ひたむきにやっている人なのかもしれない。私は企業に勤めたことはないけれど、『どんなに頑張っても30kgの荷物は持てなかったら即戦力にはなれない』という経験したことがあるのですごく身につまされる思いですね」と黒川の悩みにも共感。

■ チームワーク抜群の現場! “目が離せない”共演者は…

現場の様子については、「錦戸さんは、とても気さくな方で、差し入れを持って行くと『いっちば~ん!』と取ってくれたり、好きな物があるとうれしそうにしてくれたり、とてもフレンドリーで座長らしい方。お忙しいから、きっとお疲れなんだろうけど、本人はそういうテンションは出さないからすごいなと思います。

マックスエンターテインメントのメンバーとはいろんな話をします。佐藤(隆太)さん、薮(宏太)さんたちも、魅力的なキャラクターなんですけど、私はどうしても三好(阿部翔平)&柳田(笠松将)ペアに目が行っちゃう(笑)。仕事もするんだけど、会社の歯車になりながら、愚痴をポロってこぼしちゃうところがリアルだな、本当にこういう人たちいるんだろうな、と思うと面白くて。

今日は第8話の居酒屋のシーンを収録をして、おでんがあったんです。そしたら愛知出身の笠松さんが、はんぺんとちくわぶを知らなくて。『何これ白い、何これうまい!』と言っていましたが、ボソっと『みそほしいな』とも言っていて、私はそれを聞き逃しませんでした(笑)。阿部さんは、架空の演歌歌手の話が出てくるところで『物まねしようかな』とあれやこれやと挑戦したのですが、結局やらないことになっていました (笑)」と仲の良さがあふれ出る。

また、「マックスエンターテインメントのメンバーは、小ネタを駆使してできるだけリアルに表現できるようにみんなで頑張っています。ガッツはすごいですよ! どうしても、描かれたお話の世界って終わってほしくないという思いがあって。『あ、こういう会社だったらいいな』と、現実世界でも実行してもらうきっかけになったらこんなうれしいことないですから」とドラマに込めた思いを口にした。

■ “国民的美少女”グランプリの吉本実憂を「尊敬する人」

以前、「週刊ザテレビジョン」の取材で、渡瀬理緒役の吉本実憂がドラマ内で憧れる上司に黒川を挙げたことを伝えると、「そういうふうに思ってもらえるなら光栄です。私がテレビの仕事がまだまだで、ド新人だった頃(‘12年)、実憂ちゃんが全日本国民的美少女コンテストでグランプリを取ったので、よく覚えているんです。あれだけの倍率のコンテストの中で勝ち抜いて、その後ドラマで主演やったりして、そんな尊敬する人と今仕事できているのがうれしいです」と素直に喜んだ。

吉本とのエピソードを聞くと、「さっきも話しましたよ。おでんを食べながら、田所(薮)にツッコミを入れるシーンで、頬がぷくっと膨らんでいたので、『あ、リスみたい』と言ったら、実憂ちゃん、照れていました」とかわいらしい一面を明かした。吉本の話をする時の穏やかな壇蜜の表情は、“お姉ちゃん”のようだ。

■ ぶっちゃけ「仕事ができない男性」をどう思う?

黒川はどんなラストを迎えるのだろうか。「今後、司がマックスエンターテインメントの第一制作部にとどまれるかが注目ですよね。司がピンチを迎えたら、陰ながら支える黒川であってほしいなと思います」と“縁の下の力持ち”宣言。

そして、本作品にちなみ、“仕事ができない男性”をどう思うか尋ねると、「そうですね…」としばらく考えてから、「“仕事ができない男性”って、司も含めて実はこのドラマに出ていないと思うんです。だから、『仕事ができない人は、実はこの世にはいないんだよ。みんなが作り上げちゃった架空の変な生き物だから、仕事ができない人なんて、いないらしいよ』と言いたいです」とコメント。壇蜜らしい視点で、頑張って働く人々にエールを送った。

■ 現場の差し入れクイーンが“NG事項”を語る!

この日、記者が一番聞きたいことがあった。取材に行くたびにスタジオに置かれている壇蜜からの差し入れが、縁日に来たかのような駄菓子の山だったり、小腹を満たすのにちょうどいいミニサイズのカップ麺だったり、カップ麺の横に当然のように割り箸も置いてあり、手を伸ばしやすくレイアウトされ、とにかく“粋”なのだ。

その話をすると、「あれは、差し入れじゃなくて、袖の下。賄賂ですよ。ちょっとでも、1mmでも良い人に見られたいんです」とおどけて謙遜。

しかし、「差し入れの心得を教えてください!」と懇願すると、「一人一袋がちゃんと確保できること。あと、張り合いにならない、子供の頃に食べたくても食べられなかったような、いつかいっぱい食べたかったようなカップ麺だったり、チョコパイだったりをチョイスしています」とアドバイスをくれた。

やはり、誰でも遠慮なく手が伸ばせるように、考えられている。「女子校育ちで、高校時代は自由にお菓子持参OKの校則だったので、15~16歳から研究していますね。ポテトチップスとか袋物をバサッと開けても、あまり人が寄ってこない。やはり、“一人一袋”という確固たるものがあると、みんな寄ってくるんですよ。だから、ドラマの現場でも、小包装されたもので自分のものは確保してほしいなって思うんです」と若かりし頃の経験を生かし、現場の出演者やスタッフをおもてなししている点はさすがだ。

さらに、ヒートアップした壇蜜は、「むき身の最中とか絶対ダメ! 湿気るわ、ダレるわ、絶対ダメ。小包装じゃないと絶対ダメです!!」と“差し入れの極意”を出し惜しみなく披露し、インタビュー時間が終了。「(こんな取材で)大丈夫~!?(笑)」と、この日一番の笑顔で取材を終わらせた。

https://news.walkerplus.com/article/120583/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス