最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

指原莉乃×渡辺麻友×柏木由紀 ものまねのクセが強すぎて爆笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AKB48の49thシングル『#好きなんだ』の発売を記念して、恒例となった指原莉乃、渡辺麻友、柏木由紀の女子会が2日生放送された。
シングルのタイトル『#好きなんだ』にかけて、3人が食べたい物を番組が用意。第1回の女子会で、華麗なバーベキューグルメを振る舞った、芸人・たけだバーベキューが再登板。おしゃれな代官山のカフェを貸切り、屋内で優雅にバーベキューグルメを堪能。さらに今回は渡辺の希望でカラオケを用意。まるで3人がプライベートでお酒を飲みながらカラオケに興じるというような、テレビでは絶対見られない姿にファンは歓喜した。
IMG_2956
まず、指原が「『#好きなんだ』1位記念でね、宣伝のいい機会じゃないですか、こうやって歌えることなんてないし。やっぱりね」と最初にリクエストしたのは、なんとモーニング娘。の『わがまま 気のまま 愛のジョーク』。3人はフリ付きでノリノリ。ユーザーも音符の絵文字を大量に送り、「最高だああああ」「もーむす?」と大盛り上がり。指原&渡辺はPVで踊る鞘師里保や小田さくらに「さやちゃん!おださく!」と声援を送る。「やっぱこれだねー。最高」とご満悦。次に歌う渡辺は「今回のカップリングで一番好きな曲です」とにこにこ。「Type何?」と問われると「TypeH」とすっとぼけ、選んだ曲は宝塚歌劇団花組の『EXICITER!!』。これには指原も柏木も唖然とした表情の後に大爆笑。まるで宝塚トップスターよろしく堂々と歌う渡辺にユーザーも喝采を送った。「あのねえ、カップリングっていったじゃん」と指原のツッコミにも、「…だからTypeHの」(花組のH)と見事にボケが決まり、続けざまに今度は宝塚宙組の『ミレニアム・チャレンジャー』を熱唱。2人はソファから転げ落ちそうな勢いで大爆笑。柏木が「カラオケ行ってもひとりで歌ってる」という内輪では有名な曲。指原も「まゆゆのこれ見たことある!」とつぶやいた。
さらに渡辺が選曲するも「楽屋のネタ持ち込むから説明すんのめんどくさいじゃん!」と柏木。結局「持ち曲で隠れた名曲。これ聴くと私泣いちゃう」という渡辺が試行錯誤の上選んだのが、AKB48(TeamB)『勇気のハンマー』を3人で歌った。
たけだバーベキューのグルメに舌鼓を打ち、カラオケ後半戦、モーニング娘‘16『泡沫サタデー・ナイト』では佐藤優樹がアップになると指原が「あああーー!かわいい!!」と雄叫び。歌後は「まーちゃんがこの世に生まれてきてくれたことが本当にうれしい。本気なんだよ」と、モー娘。推しメンの変遷について熱く語り、渡辺は「ランキングに入っていてゆきりんも歌える歌ね」と沢田研二『勝手にしやがれ』を選曲。指原が「前川さんバージョン!」と振ると、“クセが強すぎる”歌い回しの前川清のものまねを披露。実は去年の「UTAGE!」(TBS)で前川が歌う『勝手にしやがれ』のバックで指原、渡辺、柏木と峯岸みなみ、高橋愛が踊ったのだが、本番での歌い方が独特の“前川節”だったためうまく踊れなかったという逸話からのもの。柏木は「1年に1回は一生語り継げる話ってあるよね」と振り返った。
貴族の時間(プレミアム会員限定)でもカラオケは続き、「ゆきりんおねがいね」とフレンチ・キス『夜風の仕業』をリクエストするも、指原が柏木のものまねで歌い出すという鉄板ネタを繰り出す。またまた”クセが強い“歌い方で柏木を困惑させたが、”ご本人登場“でしっとり歌い上げたと思いきや”はんあ、はんあ、はあー”とまた指原がものまねを繰り出し、渡辺もいっしょにハミング。さすがの柏木も「クセが強すぎるわ」とツッコんでいた。さらに「削除されるかなあ?」とタイムリーな話題を振りまきながら星野源『恋』を、アニソンからMAHO堂『おじゃ魔女カーニバル』を全力パフォーマンス。さらにAKB48『これからWonderland』で貴族タイムは終了。そしてオーラスは『サライ』を熱唱。将来を見据えて?あの番組のラスト部分を指原が再現。渡辺、柏木も参加し、感動のエンディングとなった。
過去3回の女子会を上回る、史上最高に自由な100分をお届けしたさっしー、まゆゆ、ゆきりん。日ごろの緊張を解き放ち、おいしい食事とお酒と他愛のない会話。スーパーアイドルが、一瞬普通の女友達に還るそのギャップに自然と頬が緩む。この3人の”女子会“をまた観たいと期待しているユーザーも多いはずだ。

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス