最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Sexy Zone・菊池風磨が連ドラ初主演!台本の96%を占めるせりふ量に「怖くなってきた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本テレビで9月18日(月)よりスタートする深夜ドラマ「吾輩の部屋である」(毎週月曜夜0:59-1:29)の主演が発表され、連続ドラマ初主演のSexy Zone・菊池風磨に決定した。

また、主題歌は菊池が作詞に挑戦したSexy Zoneの「ぎゅっと」(10月4日(水)発売)であることが分かった。

本ドラマは、「ゲッサン」で連載中の同名漫画を映像化。大学院生の主人公・鍵山哲郎(菊池)の「部屋における人生と哲学」を描く物語。

■ 異例の「登場人物は1人」設定、ベールに包まれた主演は菊池風磨だった!

都内某所の質素なアパートで一人暮らしする哲郎は、彼女はいないが、大学で同じ研究室の植村さんに思いを寄せる。高校から一緒の吉田が仲のいい友人。苦手なものは川崎先輩、教授。そんな役どころを誰が演じるのか、さまざまな予想がされたが、抜てきされたのは菊池だった。

日本テレビで2017年6月から新設されたドラマ枠「シンドラ」。第1弾の「孤食ロボット」はHey! Say! JUMPの有岡大貴、高木雄也、八乙女光の3人が主演を務め、好評のうちに終了。第2弾のバトンは菊池に渡された。

■ 菊池風磨のコメント「うれしいけど、1人でしゃべる事実を段々理解して…」

連ドラ史上初「登場人物は1人」という大胆な設定にチャレンジする菊池だが「それを忘れてしまうくらい“初主演”という事がうれしく、身が引き締まる思いです!」とコメント。

しかし、やはり「台本をいただいたら、今度は『この分量をほとんど1人でしゃべるんだ…』と思い、その事実を段々理解して、怖くなってきました」とプレッシャーは相当なもの。

素直な思いを口にした菊池だが「ただ、リハーサルを重ねていくと、演じる上での選択肢が出てきて、楽しみを見つけられるようになりました。もう楽しいままで、終わりまでいっちゃうんじゃないかって(笑)」とすでに始まっている撮影に手ごたえも感じているようだ。

続けて、菊池はファンと視聴者へ向けて「哲郎は外ではどこにでもいそうな普通の人だけど、家では理屈っぽい。葛藤や悩み、くだらない事を考えている所なんかも共感出来るし、人間らしいところが魅力です。そんな哲郎になりきれるように頑張りつつ、『鍵山哲郎』と『菊池風磨』の交点を探していけたらと思っています!」と見どころを語った。

■ 豪華な声の出演者たちが“ひとりぼっちの主演”を支える!

さらに、そんな“ひとりぼっち”の主演を支えるため豪華な声の出演者が解禁された。哲郎の部屋にある「カバの置物」を林家木久扇、「炊飯器」を賀来千香子、「照明」をミッツ・マングローブ、「ビンたち」を山寺宏一が声で演じる。

主演の菊池について、三上絵里子プロデューサーは「菊池風磨さんが驚きながらも演じてくれる決意をしてくれてほっと胸をなでおろしています。主人公のせりふが96%を占める台本を渡したときにも『すごい楽しみです。頑張ります!』と言ってくれた菊池さんを頼りに制作していきたいと思います。彼がセリフを覚えないと、撮影できないですからね(笑)」と期待を寄せる。

また、“無駄に豪華”な4つの“レギュラー家具”たちには「木久扇師匠をはじめ、深夜ドラマとは思えない豪華キャストが快く参加してくれた『奇跡の作品』になりそうです。本日発表以外にも『換気扇』や『和式トイレ』など続々声の豪華ゲストが登場する予定ですので楽しみにしていただけるとうれしいです」とまだまだ豪華になることを予告した。

■ 主題歌は心温まる優しさにあふれた応援歌!

そして、主題歌「ぎゅっと」は、「身近にいる大切な存在に対してはもちろん、いつも頑張っている自分にも贈る心温まる優しさにあふれた応援歌」に仕上がっているという。

子供から大人まで、幅広い世代が口ずさめるキャッチーなメロディーと菊池も共作した共感できる歌詞に注目だ。

https://news.walkerplus.com/article/120334/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス