最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Sexy Zone菊池風磨「怖くなってきた」一人芝居で初主演『吾輩の部屋である』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sexy Zoneの菊池風磨が、日本テレビの深夜ドラマ枠「シンドラ」の第2弾作品『吾輩の部屋である』(初回9月18日、毎週月曜24:59~※関東ローカル)の主演に決定。出演者がたった1名というかつてない作品への印象と、ドラマ初主演の喜びを語った。

本作は、「ゲッサン」(小学館)で連載中の田岡りきによる同名マンガが原作。主人公は、都内某所にある、駅徒歩5分、風呂トイレ別で築41年の木造2階建て1K(6畳+K)に住んでいる、大学院生・鍵山哲郎(菊池)。一人暮らしで彼女はナシ。好きな女の子は、大学で同じ研究室の植村さん。仲のいい友人は高校から一緒の吉田。苦手なものは川崎先輩と教授。そんな彼が、「よく落ちる、スポンジ入れの吸盤に関する考察」「部屋のホコリの発生原因について」「大好きな植村さんからの難読メール解析」「大学研究室の飲み会構成員に関する考察」「エアコン清掃計画」「入浴中における植村さんへのメール作成」「新旧フライパン・対照実験」「お風呂場リスクマネジメント」などについて考察し、一人で「哲学」している様子が描かれている。

今回の決定を受け、菊池は「“出演者が自分一人”と最初に聞いていたのですが、それを忘れてしまうくらい“初主演”という事が嬉しく、身が引き締まる思いです!」と喜びを明かしながらも、「台本をいただいたら、今度は“この分量をほとんど一人で喋るんだ……”と思い、その事実を段々理解して、怖くなってきました」と振り返る。しかし、「リハーサルを重ねていくと、演じる上での選択肢が出てきて、楽しみを見つけられるようになりました。もう楽しいままで、終わりまでいっちゃうんじゃないかって(笑)」と余裕を見せていた。

演じる哲郎については「外ではどこにでもいそうな普通の人だけど、家では理屈っぽい。葛藤や悩み、くだらない事を考えている所なんかも共感出来るし、人間らしいところが魅力です」と分析し、「そんな哲郎になりきれるように頑張りつつ、“鍵山哲郎”と“菊池風磨“の交点を探していけたらと思っています!」と意気込んだ。

また、哲郎を囲む家具の声を担当するキャストも併せて発表された。カバの置物役の林家木久扇は「オファーを受けて(漫画原作の作品に出られると)とびあがって喜びました。私はもともと漫画家志望で若い頃から、色々な先生の作品を模写していました位ですから……。うんと面白いセリフまわしの工夫をして、菊池風磨くんや視聴者の皆さんを笑わせます」とコメント。

炊飯器役の賀来千香子は「『美女と野獣』のポット夫人のお話をいただいたような、楽しい気持ちになりました。あんな素敵な働きが出来るといいなと思っています。作品も御本もとても面白いし、興味深いです。参加させていただけて嬉しいですし、とても楽しみですね」と心境を明かし、「哲郎くんを応援する“可哀想”の色々なパターンを、楽しく考えたいと思います(笑) どうぞよろしくお願いします!」と語った。

また、哲郎の部屋を照らす照明役のミッツ・マングローブは「女装にとって照明は命の次に大事なもの。まさか、照らす側になるとは」と冗談めかし、「すでに一生の想い出になりつつあります。私も実生活の中で、家具や家電と会話をしながら暮らしているので、そんな私の危なさが活きるかどうか楽しみにしています。電球が切れる瞬間て、潔くていいですよね」とコメント。

そして、友人たちが来たときに飲んで余ったりしているであろう酒の“ビンたち”を演じる山寺宏一は「虫や菌から神まで声優として様々な役を演じて来たので、正直、驚きませんでした。あっ、でも“ビンたち”は初めてのような気がします」と語り、「原作も大好きなので参加出来て本当に嬉しいです! ビンとして、ビンらしく、さりげなく突っ込めればと思います。きっと今までに無い、いろんな意味で画期的なドラマになる事でしょう! 完成が楽しみです」と収録を楽しみにしている様子だった。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス