最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

松岡昌宏「遠山の金四郎」に挑戦でジャニーズが時代劇スターの宝庫に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月25日に放送される時代劇特別企画「名奉行!遠山の金四郎」(TBS系)で遠山の金さんを演じることになったTOKIO松岡昌宏。京都市内にある東映京都撮影所で、その松岡がもろ肌脱いで桜吹雪の入れ墨を見せる、お白洲の名場面に臨んだ。

中村梅之助松方弘樹杉良太郎高橋英樹といった時代劇のスターたちが演じてきた名作だけに、松岡も祇園に足を伸ばすこともなく、ストイックに役作りに取り組んでいます。もろ肌を脱ぐ名場面に備えて筋力もアップして4キロ増。マッチョな金さんにスタッフからも、ため息がもれていました」(番組関係者)

金さんを演じたスターの中でも松岡は、今年1月に他界した松方弘樹と特に縁が深く、初めて時代劇を演じた「大忠臣蔵」(TBS系)で共演をして以来、何かと世話になった大恩人だという。

「松方さんが亡くなった時、東映京都撮影所に残る松方さんの楽屋を訪ね、手を合わせてすぐに今回の話が来たので、『正直鳥肌もの。(松方さんに)引っ張ってもらったかな』と本人も話していました。そういった意味でも思い出深い作品になりそうです」(スポーツ紙記者)

松岡は16歳の時、「大忠臣蔵」(TBS系)で時代劇デビュー。それ以来着実にキャリアを積み、2003年には大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」でライバルの佐々木小次郎役を演じ、2007年からは東山紀之が主役を演じる時代劇「必殺仕事人」シリーズでNO2にあたる経師屋の涼次役を演じている。そして40歳を迎えた今年、いよいよ時代劇の人気シリーズ「遠山の金四郎」の主役を張ることとなった。

「ジャニーズが時代劇に出るようになったのは、東山紀之が87年にドラマ『新選組』(テレビ朝日系)で沖田総司役を演じたのが初。その東山が93年NHK大河ドラマ『琉球の風』で主演したのを皮切りに、2004年には香取慎吾が『新選組!』で、翌2005年には滝沢秀明が『義経』で、さらに2014年には岡田准一が『軍師官兵衛』で主役を演じています」(前出・スポーツ紙記者)

映画の世界でも、木村拓哉山田洋次監督の「武士の一分」で、そして今年は大野智が「忍びの国」で主役に抜擢されたのは記憶に新しい。

「元SMAP、TOKIOが40代を迎え、ジャニーズ事務所はこれから10年もすると時代劇スターの宝庫になるかもしれませんよ」(前出・番組関係者)

時代劇の復活は、ジャニーズタレントにかかっている!?

(窪田史郎)

外部リンク(アサジョ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス