最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「結婚宣言」で話題のNMB48・須藤凜々花がラスト公演 衝撃発表から2ヶ月で卒業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©sirabee.com

今年の6月に行われた『第9回AKB48シングル選抜総選挙』で結婚宣言をした須藤凜々花。その卒業公演が、30日に大阪・NMB48劇場で行われ、しらべぇ編集部も突撃した。

■異色のアイドルとして注目


©sirabee.com

須藤は『AKB48シングル選抜総選挙』で20位にランクイン。

哲学好き、麻雀女子、さらに人生を危険に晒すをモットーに、これまでのアイドルにはいなかった異色のタイプだったこともあり、他のメンバーと違った観点での注目されることが多かった。

■最後のお別れに須藤ファンが集結


©sirabee.com

7月24日に劇場公演で卒業発表が行われ、発表から約1ヶ月で卒業することになった。

ファンにとっては、このひと月は本当に厳しくて辛い日々だったことだろう。しかし時間は刻々と過ぎていき、ついに来てほしくない卒業公演の当日を迎えた。

劇場には須藤の熱狂的なファンを中心に集まり、須藤との最後のお別れの時間。卒業公演は須藤が所属するチームNによる『目撃者』公演である。

■卒業公演でも笑顔いっぱいのメンバー 


©sirabee.com

幕が開くとキャプテンの山本彩を中心にメンバーが一堂にしてして揃う。卒業公演という特別な公演であるが、メンバーは悲しい顔をしている人はひとりもいなく、むしろ笑顔イッパイで楽しんでいる様子が伺えた。

しかし楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、最後は『命の意味』をしっかり聞かせてくれて本編の幕は閉じた。

■ダブルアンコールはソロ曲『ショートカットの夏』


((C)NMB48)

場内が暗転すると客席からはアンコールとして「りりぽん」コールが響き渡り、そのアンコールに応え全メンバーが再びステージへ戻ってきてくれた。

最新曲『ずっとずっと』や『青春のラップタイム』などのNMB48の代表曲を一気に歌い上げた。

アンコールが終り、公演が終りのムードになってしまったが、ここでダブルアンコールの声がかかり、須藤のソロ曲としてファンにはおなじみの『ショートカットの夏』を披露。

■山本彩のコメントは…


©sirabee.com

歌いきった須藤は清々しい顔を見せていたところで、山本が卒業セレモニーの口火を切った。

2013年に『AKB48グループドラフト会議』で須藤凜々花をドラフト会議で指名をして、NMB48の加入の入口を作った山本。

「ドラフトで凜々花を指名して凜々花の家に面会に行ったんですよ。そこで凜々花がどのチームよりNMB48に入りたかったって言ってくれました。とにかくそれが嬉しかったのが第一印象でした。今日は最後の日、そうゆう日にまたNMB48で良かったと言ってもらえて最高に嬉しいです」

と話した。

■NMB48でアイドルが終われて嬉しい


©sirabee.com

卒業する須藤本人は、

「本当に最後まで一緒にいて下さってありがとうございます。今日こうやってちゃんとお別れができて本当に良かったです。私はNMB48に入ってからこんなにいい人たちがいるんだとかこんなにも楽しい時間を共有してくれる人がいっぱいいること知って、すごく幸せでした。

NMB48でアイドルを終われてすごく良かったなと思ってますし、NMB48と出会えて、そして別れられて、二重に皆さんの素敵さを感じることが出来て二度おいしいといいます。

そして皆さんに出会えて本当に嬉しいです。皆さんのことは私とすごく近い存在だと勝手に思っていまして、卒業することに実感がわかないのです。卒業したら私と友だちになって下さい。

今はありがとうございますしか言えないですけど、皆さんの存在が私の頑張る力になっていて、これからも姿を見せながら夢を追いかけるように頑張ります」

と感謝の気持ちを伝えた。

©sirabee.com

公演では以降の活動についての発言もなく、結婚についても触れることはなかった。今後は芸能活動を続けながら哲学者を目指すそうだ。

・あわせて読みたい→板野友美が7年ぶりに写真集を発売 「大人になった姿がたくさん見られる」 

(取材・文/しらべぇ編集部・ブレーメン大島

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス