最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

IZAM  SHAZNA 

「SHAZNA」復活に驚きの声も…ボーカルIZAMの現在と再始動の思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

8月27日、IZAMさんがボーカルを務めるバンド「SHAZNA(シャズナ)」がメジャーデビュー20周年の節目を記念して、再始動することが明らかになりました。

今回、オリジナルメンバー3人(IZAMさん、ギターのA・O・Iさん、ベースのNIYさん)に加え、新メンバー3人(第2ボーカルのRaychellさん、ドラムの夏芽さん、SaxのAsukaさん)の6人体制での再結成となることも発表されています。

SHAZNAは、1997年8月に発売したシングル「Melty Love」でメジャーデビューすると、一風堂の楽曲をカバーした「すみれ September Love」や「White Silent Night」などで立て続けにヒットを連発。

IZAMさんの中性的なルックスなども注目を集め、1990年代後期を代表するヴィジュアル系バンドの1つとして大人気となりました。

しかし、2000年に活動休止を発表。2006年に活動再開を果たしていますが、2009年3月のライブを最後に再び解散していました。

今回、再始動の発表が明らかになると、早速ネットでは「復活ってマジっすか」といった驚きの声や「復活を知って泣いてる」といった喜びの声が挙がっています。




また、当時の思い出を振り返り、懐かしむファンの声も多くありました。




IZAM、再始動の思いとは



SHAZNAの公式サイトでは、IZAMさんがメッセージを寄せています。それによれば、IZAMさんのもとには、これまで様々な音楽活動の話があったといい、それでも「私は音楽をやるなら SHAZNA 以外はない」という思いがあったことを明かしています。

また、再始動についてやファンに向けて
デビューから 20年を迎え、改めて原点に立ち戻りたい。 SHAZNA 結成当初の初期衝動に戻って、小さな事からコツコツと… を大切な仲間やスタッフ、そして愛する皆と一緒に歩んでいけたらと思っています。 だから、もう少しだけ付き合ってくれないかな? (※SHAZNA 20th ANNIVERSARYより)
と語っています。

また、IZAMさんは自身のブログでも「SHAZNA 20th Anniversary!」というタイトルで再始動を報告。

そして、6人編成になったことについて「急にメンバーが増えていたりとか、全然普通じゃなくて、SHAZNAらしくて面白くない?」とコメント。

「SHAZNAの見た目や楽曲は Sweetだったかもしれないけれど、中身は昔から PUNKだよ。笑だから、20周年を迎えた SHAZNAは6人で SHAZNAなの。」と説明しています。

最後にIZAMさんは、SHAZNAについて「ヴィジュアル系」ではなく「ヴィジュアルクリエイター」だとし、IZAMさん自身についても「SHAZNA の IZAMと、俳優などSHAZNAの活動以外の IZAMは全くの別物として捉えておいてください。」と綴っています。

IZAM、現在は劇団を主宰し舞台俳優としても活躍



IZAMさんは俳優として、過去に椎名桔平さんや窪塚洋介が出演していた「溺れる魚」(2001年公開)や藤木直人さんや仲間由紀恵さんが出演していた「g@me.」 (2003年公開)といった映画作品の他、多くのドラマでも活躍しています。

また、私生活では1999年2月に吉川ひなのさんと電撃結婚するも、同年9月にスピード離婚。2006年に吉岡美穂さんと再婚すると「恐妻家キャラ」などで夫婦一緒に沢山のバラエティー番組に出演していました。

2008年には、劇団「ベニバラ兎団」を旗揚げし、演出・プロデュース公演を行う他、最近ではゲーム「BIOHAZARD」を舞台化した作品に出演するなど舞台俳優として活躍しています。

関連記事:
吉岡美穂、夫・IZAMへの容赦ない攻撃で“恐妻家キャラ”復活のアップ開始
ヒロイン役は篠田麻里子!『BIOHAZARD THE Experience』超体感型ステージとして上演

新しいメンバーを迎え復活したSHAZNA。気になる今後の活動ですが、新メンバーのRaychellさんが自身のブログで「SHAZNA復活&ライブ(12/9)決定」と報告しています。

まだ少し先となりますが、6人体制となったSHAZNAがどんなライブパフォーマンスや楽曲を披露するのか楽しみですね。

※本記事内のツイートなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス