最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

グローリー、おー、グローリー――フミ斎藤のプロレス読本#075【バンバン・ビガロ編エピソード10】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2007年

バンバン・ビガロは「40代からはプロレスは趣味」と話していた。

ECWとWCWがたてつづけに倒産、活動停止となった2001年以後、ビガロはアメリカ各地のインディー団体で単発で試合をしていたが、首、肩、両ヒザの慢性的な故障と持病の糖尿病の悪化でその巨体はすでに限界に達していた。

引退試合、引退興行などをおこなわずになんとなくリングからフェードアウトしたビガロは、2004年に友人との共同出資でペンシルベニア州ハムリンに“バンバン・ビガロズ・デリ”というテイクアウト・レストランを開業した。

ホームタウンのニュージャージー州アズベリーパークからペンシルベニアまではかなり距離があるので、このあたりのディテールははっきりしないが、この時点でビガロはもうアズベリーパークには住んでいなかったのかもしれない。

“バンバン・ビガロズ・デリ”は、ビガロ本人がお客さんからオーダーを取り、食べものを袋につめ、レジを打ってくれるということでオープン当初は話題になったが、翌2005年、突然、閉店した。どうやら、接客業はビガロの仕事ではなかった。

「グローリー、おー、グローリーGlory,Oh,glory」

グローリーとは栄光、名声、誉れ。栄光の瞬間。神への感謝、賛美。名誉、誇りとなるもの〔人〕。繁栄。栄華。

プロレスのリングに上がれなくなったことで、ビガロは「オレはすべてのグローリーを手放してしまった」と考えた。

17年間、いっしょに暮らしたデイナ夫人と離婚した。離婚というよりは、弁護士になって経済的にも精神的にも自立したデイナさんにある日、家から追い出された。住む家を失い、ふたりの息子たちの親権も奪われた。

バンバン・ビガロとスコット・ビガロのアイデンティティーのあいだをさまよいはじめたビガロは、ハーレーダビッドソンにまたがって大西洋岸のフリーウェイをゆっくり南下し、フロリダまで流れていった。

ほんとうはもうちょっと長いストーリーを“早送り”すると、ビガロはフロリダでジャニスさんという新しいガールフレンドと出逢った。

ジェニスさんはプロレスファンではなくて、ビガロがかつて著名なプロレスラーだったことも、一文なしになってしまった元億万長者だということも知らなかったけれど、頭のてっぺんに炎のタトゥーを彫った太った中年のバイカー――ありのままのスコット――を受け入れてくれた。

ジャニスさんをバイクの後ろに乗せたビガロは、ある日、ハイウェイで大事故を起こした。スピード違反。酔っぱらい運転。保険は未加入。バイクのナンバー(ライセンス・プレート)は期限切れ。もちろん、ハーレーは大破した。

ビガロのニュージャージー州の運転免許証、モーターサイクルの免許証はともに失効。裁判の費用を支払えないビガロにフロリダの裁判所はパブリック・ディフェンダー(国選弁護士)を用意してくれたが、ビガロは裁判を欠席した。

この事故でジャニスさんは重傷を負ったが、一命はとりとめた。ビガロもケガをしたが、肉体的な痛みはどうでもよかった。ポケットのなかにはいつも大量の鎮痛剤を放り込んであった。

それから2年間、ビガロとジャニスさんは、ジャニスさんが借りていた安アパートメントで仲よく、静かに暮らした。キッチンの電子レンジの上――いつでも手が届くところ――にはピストルが置かれていたが、それを使うことはなかった。

2007年1月19日、金曜の朝、ビガロはすやすやと眠ったまま帰らぬ人となった。警察の司法解剖の結果、死因は薬物のオーバードース(過剰摂取)と断定された。体内からは多量のコカイン、抗うつ剤、鎮痛薬、睡眠導入剤が検出された。45歳だった。

1週間後、ビガロの遺体はアズベリーパークに移送された。潮の香りが漂う大西洋岸のカトリック教会のまえでは数百台のハーレーとたくさんの友人たちがホームタウンのヒーローの帰還を待っていた。God bless Scott“Bam Bam”Bigelow.

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス