最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

既婚よりシングルの方が幸せという研究結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚している女性にくらべて、シングルの女性は寂しいだの負け組だの、なにかとネガティブにとらえられることも。でもある専門家の研究によると、「科学的にみて既婚者よりもシングルの方がよい」という興味深いデータが出ているのです。

そこで、シングルは既婚者に比べてどう違うのか。海外サイトを参考にみていきたいと思います。ちなみに、ここでのシングルの定義は、独身(配偶者がいない人)を想定としています。

より健康なのは、シングル

カリフォルニア大学の社会心理学者ベラ・デパロウ氏によると、複数の調査結果から既婚者よりもシングルの方が健康だという結果が出ています。

・ 3万人以上のイタリア人の研究によると、生涯シングルだった人の方が既婚者よりもがん罹患率が低かった。

・ 1万人以上のオーストラリア70代女性の調査では、子無しシングルの方が大病罹患率、肥満指数、喫煙率が低かった。

・ 1万1千人以上のカナダ人の調査では、生涯シングルだった人の方が既婚者よりも健康体であった。

TODAY.com」より翻訳引用

それぞれ異なる国で、シングルの方が健康であると言われるとなかなか信憑性がありますね。

また、海外サイト「BUSTLE」でも、シングルの方がエクササイズや健康食を好むというデータが出ています。生活面での自己管理ができている人が多いということなのでしょうか。

わたしのシングルの友人は、じっとしていると将来の独り身の不安を感じるので、暇さえあればジムで体を動かしたり、ヨガや瞑想をして余計なことを考えないで過ごしていると言っていました。

自分自身をケアしたりいたわれる時間が既婚者よりも多く、それが健康につながるのかもしれません。

生涯賃金が高いのもシングル

収入に関しても、既婚女性よりシングル女性の方が高いという結果が。

44歳から46歳のシングル女性は、同じ年の既婚女性よりも年間1,465ドル多く稼ぐそうです。金銭のストレスは最悪ですが、お金の心配事に関しては、シングルの人は既婚者よりも比較的少ないのかもしれません。

BUSTLE」より翻訳引用

お金の心配ごとが少ない、というよりお金のストレスをためないためにシングルも既婚者も一生懸命働いています。でも既婚女性、とくに子どもがいる人は出産や子育て期間に仕事の両立が難しくなる時期があります。

また、お金の使い方も家族単位になってきます。そのような意味では、コンスタントに働けるシングル女性のほうが計画的に働いたり、自分自身のために貯蓄できるのかもしれません。

シングルは孤独ではない

シングルはひとり寂しく孤独というイメージを抱かれがちです。でも、それを払拭できる要素がありそうです。

カリフォルニア大学の研究によると、ひとりでいることは、自立とやる気が促進されるという精神的メリットがあるそうです。個人的な成長も早く、すぐに目標を達成してしまえるのも特徴です。

BUSTLE」より翻訳引用

また、「RINCON」によると、シングルのほうが親兄弟、友人、同僚とのコミュニケーションが良好であることが多くの研究からわかっているそう。

逆に既婚者は、結婚後に社交的ではなくなっていく人が多いそう。もちろん、コミュニケーション能力はシングルや既婚者関係なく個人の人柄によるところも大きいと思いますので、一概には言えないと思います。

シングルと既婚者。どちらが良いかは本人の生き方なので、優劣をつけること自体ナンセンスな話です。しかし、このような前向きな結果から、シングルだから......というネガティブなイメージやマイナスな風潮が少しでも払拭されていけばいいなと思います。

大切なのは、どんな状況であっても、自分をしっかり持って堂々と人生を歩んでいくことなのです。

TODAY.com, BUSTLE, RINCON

photo by Shutterstock


外部リンク(カフェグローブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス