最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

V6メンバーは三宅健が決めていた!?衝撃の結成秘話が明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8月9日のフジ系「TOKIOカケル」にゲスト出演したV6三宅健くんが、V6結成秘話を明かしました。

坂本昌行くんとともにゲストで登場した三宅くん。すると、トークの中でV6のデビュー秘話が明かされたのです。

そこには、V6の結成が三宅くんを先導に進められたという事実が。

三宅くんによると…

「僕は、『こういうメンバーでデビューさせようと思うんだけど』ってジャニーさんに言われて。その中に(森田)剛がいなくて。いなかったの。『剛がいないんだったら、別にデビューとかしたくない』って言って、断ったんですよ。『本当に、You、良いわけ?』とかって言われて。『Youが一番になるグループにしたい』と言ってて」

ジャニー社長からグループ案を提示されたリストの中に森田剛くんの名前がなかったため、“森田くんがいないんだったらデビューしない”と拒否したという三宅くん。

三宅くんは、森田くん加入という条件付きで…

「『じゃあ、剛が入るんだったらやってもいいよ』って言ったんです、ジャニーさんに。『そしたら、You、一番にならなくなっちゃうじゃない?』って。僕らがJr.のとき、当時1、2を争う感じだったので。『それでもいいから、アイツを入れてくれたらデビューしてもいいよ』って言って。そこから、『メンバーどうする?』って」

当時ジャニーズJr.の“剛健”として絶大な人気を博していた森田くん、三宅くん。かくして、V6の結成は“剛健ありき”で進められることに。

そこから、三宅くんが中心になってメンバー選考が始まったといいます。

「井ノ原くんは喋ったことあって知ってたから、『井ノ原くんイイんじゃない?』って。『坂本くんと長野くんは?』って言われて。良く知らないけど、『ジャニーズSr.のツートップの人だからイイんじゃん?』って言って。最後に岡田が決まったんですね」

この日スタジオにいた坂本くんの立場からすると、若干格好のつかないようにも思える三宅くんによる暴露でしたが、三宅くんも「僕もこの話は、坂本くんの手前、墓まで持って行こうと思ってた」と申し訳なさそうに補足し、TOKIOメンバーの笑いを誘っていました。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス