最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

LINE既読スルー子よりブロック子の方がまだマシです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。恋愛においてLINEにまつわる話は、ほんとつきませんよね。LINEをつかったコミュニケーション術や、男うけのいいプロフィール写真のチョイスなど。今回は、LINEにおけるネガティブな要素、ブロックと既読スルーについて、男目線で書いてみました。

■1.嫌いだという気持ちは変わらない
LINEで繋がってはいるものの、「この男、しつこいなあ」「この男、嫌だなあ」と思ったときに、女子がとる行動として、「既読スルー」か「ブロック」という2つの方法があります。既読スルーは、言葉の通り、LINEを開いてメッセージは目を通すものの、返信しないこと。相手からすれば、「あとで返してくれるのかな」と思いつつも時が経ち、帰ってくる様子が見られないなと気づいて「既読スルーされた…」となります。

ブロックされた場合は、いつまでも既読にもならないので「まだ見てないのかな?」という期間を経て、ブロックだ…と気づくというもの。どちらのパターンにしても女性側として、「嫌いだから無視」という事実は変わらないのですが、受け手である男としは、大きな違いがあるんです。

■2.ブロックされると
ブロックされる気持ちとしては、やはり、辛い、ショックなことは間違いありません。それをポジティブにとらえる男がいたら、強靭なハートの持ち主(笑)。

ただ、さっき、「ブロック」という現象を説明したように、送る方の画面の特徴は、全く既読にならないこと。なので何回もLINEを送っているのに、既読にならなければ、大抵の男は、ブロックされたと気づくものです。

■3.既読スルーされると
既読スルーは、また、ブロックと受け方が違うんです。既読スルーは、彼女が何かしら一瞬でも、目を通していることは事実。男としては、「見てはいるんだ。」という認識はある。

ただ、なぜ、返信がないのだろうと想像するんですが、1、2回送って既読スルーなら、なんか忙しいのかな?やYES or NOで返事しづらい内容だったからかな?という、いい意味の可能性を感じることもありますが、さすがに、3回送って、既読スルーされたら、勘のいい男なら、「これは嫌われている」と察知します。ただ、勘が悪い男は、これでもピンと来ず、何度も何度も、既読される限り送り続けてしまいます。

■4.嫌ならブロックしてあげてください。
本当にその男の人が嫌なら、いさぎよくブロックしてあげてくれた方がいいです。そっちのほうが、清々します(笑)。

「ブロック」と「既読スルー」の大きな違いは、受け手の感情。「ブロック」は、はっきりと自分が嫌われていることがわかるのに対して、「既読スルー」は嫌われているのかなあ?というはっきりしないモヤモヤ感が残るところ。男としても、そこで白黒はっきりすれば、次にもいける。

一番いいのは、ちゃんと文章で、「ごめんなさい。私、あなたに興味ないので、これから連絡しないでください。」とメッセージで送ってあげることです(笑)。

■おわりに
既読スルーは、「どうして返信が来ないのか」という理由を色々と考えさせることになります。「あの時の俺の行動が悪かったのか?」「送ったLINEのスタンプが気持ち悪かったのか?」など、自己嫌悪全開です。

そんな相手を苦しめる既読スルーよりも、スパっと切ってさっぱり断捨離した方が、あなたもきっと、次のいい気に出会えるはずですよ(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)(ササキミウ@M_Y_3733/モデル)(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)

外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス