最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ビートたけしの金言集「映画祭も呼ばれるうちが花だからな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「殿、ベネチア映画祭、おめでとうございます!」

8月末、「第74回ベネチア映画祭」にて、映画祭の最後を飾る、クロージング作品に、日本では10月7日から公開される「アウトレイジ・最終章」が選ばれたニュースを聴いた翌日。先の言葉を殿にあてると、

「なんか、また選ばれたみてーだな‥‥」

と、まずは軽く、“いつものことだから”といった反応を示すと、続けて、

「映画祭も呼ばれるうちが花だからな。まーありがたいこった」

と、実に殿らしい感想を漏らしたのです。

思えばわたくし、殿の弟子になってからこの20年あまりで、「殿、ベネチア映画祭、おめでとうございます!」といったセリフを、間違いなく3回は言っています。さらに、ベネチア映画祭と何かと比較される、「カンヌ映画祭、おめでとうございます」といったセリフも、2回は言っています。

改めて、いかに北野映画が歴史あるヨーロッパ三大映画祭(もう一つは「ベルリン映画祭」)の常連であるかがよくわかります。

ちなみに、映画祭ではありませんが、「殿、このたびの勲章、おめでとうございます!」そんなセリフも、3回は言っています。

“殿のヨーロッパからの勲章もらいまくりっぷり”はさておき、映画祭と殿です。

5年程前、「アウトレイジ・ビヨンド」が、ベネチア映画祭の正式コンペに出品された際も、やはり賛辞を述べたのですが、この時も殿は、

「なんか、また呼ばれたみてーだな。ただちょっと、スケジュールが詰まってるから、(現地へ)行けるかわかんねーんだよ」

と、例によって冷静な感想を漏らすと、続けて、

「もし行くことになったら、お前も来るか?」

と、さらりと夢のような提案をこちらに放り込んできたのです。もちろん、二つ返事で快諾したわたくしは、その年の夏、「アウトレイジ ビヨンド」に、何一つ関わっていないにもかかわらず、殿とベネチアに同行し、気がつけばドサクサに紛れ、レッドカーペットを歩いたのでした(その話はまた別の機会に)。

で、今から遡ること9年前の08年。北野映画14作目にあたる、「アキレスと亀」がベネチアに選ばれた際も、いつもどおり殿に賛辞を述べると、殿は、

「お前、映画に出てるんだから、ベネチア来ちゃえよ」

と。そんな言葉にやはり浮かれたわたくしは、殿とは別行動で、一観光客としてベネチアへ入り、殿がレッドカーペットを歩く日、各国から来ている映画ファンやパパラッチに混じって、柵の外側で殿を待っていると、現れた殿はこちらを認めるなり、

「なんだお前、そんなとこにいたのか? バカ野郎!そんなとこいねーで、こっち入ってこい!!」

と、ハッパをかけられ、舞い上がったわたくしは柵を飛び越え、レッドカーペットを歩いたのでした。もちろん、後日、諸々と叱られましたが‥‥。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス